新規20735円「買い」建玉は、「+660円」決済しました。

新規20735円「買い」建玉は、「+660円」決済しました。

本日の東京セッション・午前中の時間帯。寄り付き価格は、21345円で取引開始しました。とにかく、日本市場において堅調に推移している様子が伺えました。

さて、9月限の建玉をホールドしておりました。

30日(金)13:03分 「買い」エントリー建玉の分です。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

かなり、中途半端な場面での「買い」検討。しかし、前回の「買い」ポジション「20470円」のつなぎとしてホールドしていた建玉分です。

前回のポジション記事はコチラ

今週は、メジャーSQが控えているので、どこかの場面で決済しなければならない。

新規20735円「買い」建玉は、「+660円」決済しました。新規ホールドしてから、わずか10日間程度。そして、ある程度の時間をかければ21000円を超えていくのだろう。ただし、ここまで堅調に上昇していく事は想像していませんでした。

「底値」で買わなくても利益を積み重ねることができる

今回、日経225先物の価格は20000円~21000円のゾーンに位置していました。そして、底値においては19960円「08/06」、20065円「08/26」辺りになります。

もしも、20000円台前半で「買い」できたのならば、価格の「底値」でホールドする事ができたわけです。しかし、そのチャンスを掴むことは出来ませんでした。というよりも、むしろ検討していたとしても、価格のV字回復が早すぎて、買うことが出来なかった。

ただし、底値で買わなかったとしても、次の段階で「買い」検討すれば良い。そう考えて、8月の後半以降は、とにかく「買い」に絞っていました。

このように、「底値」で買わなくても利益を積み重ねることが出来る。2つを合計すれば「920円」の利益。

・「20470円」買い⇒「20730円」決済「+260円」(08/30)

・「20735円」買い⇒「21395円」決済「+660円」(09/10)

当然の事ながら、決済した後も価格は上昇する可能性もあります。

ただし、12日(木)・9月限⇒12月限の入れ替えが行われる。そして、同日・ECB政策金利の発表が控えている。いづれにしても、決済することは必須の場面でした。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

1日5回程度、140文字のミニブログ Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村