現状の相場は「売り」圧力を踏みあげている場面となる

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。※「Line@の情報」はこちらです。

昨日、日経平均株価の終値・21318円。堅調に推移して行きました。200日移動平均線は、21200円~21300円辺り。そして、25日移動平均線は20643円になります。

当面、25日移動平均線を上回って、200日移動平均線まで上昇することが出来ました。ここから、海外投資家による「売り越し」⇒「買い戻し」が期待できる場面です。そうなれば、9月中において、本格的に上昇する場面が期待できるのかも知れません。

日経平均株価と日経225先物の観測

日経平均株価は、8月の相場・20000円~21000円のゾーンに位置していた。そして、9月第1週目・当面の節目21000円をレンジブレイクして行きました。

ここから、新しい価格帯になります。さらに、13日(金)はMSQの暫定値が決まる。

まず、22000円、23000円へステップアップする為の条件。とにかく、海外投資家による「売り」圧力を抑える必要があります。そして、日本市場の「出遅れ感」による上昇は必要です。

海外投資家の動向。日本市場において「5月1週目~8月4週目」までの17週間。「売り」15週・「買い」2週です。現状は、日本市場を「投げ売り」ターゲットにしている。

しかし、日本市場を「売り越し」している場面。いつか、時間の経過によって「買い戻し」しなければならない。とにかく、年末に向けて上昇する期待が高まるという事なのでしょう。

日経225先物において、当面のレンジ20850円~21350円辺り。12月限は20700円~21200円辺りを想定しております。日経225先物は、外部的なマーケットに影響を受けやすい。

ただし、米国市場と為替市場においてはV字上昇回復している。当面、日本市場は主導で動くことが出来れば、上昇に期待することが出来るという事なのでしょう。

当面の節目として、20700-20850-20950-21050-21150円辺り。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

NYダウ平均株価は、26200ドル~27200ドル辺りが意識される事でしょう。

再び、米国市場は「強い」マーケットへ回復しています。主軸の30銘柄においても、堅調に推移している。さらに、平均配当1%~3%程度を10年間維持している銘柄ばかりです。

このように、上昇が期待されてV字回復している時期。ネガティブなニュースが出たとしても、反応せずに、価格が上昇する場合があります。

為替ドル円は、105円80銭~107円80銭辺りが意識される。およそ、2.0円「200pips」程度のレンジ幅を想定しております。現状、104円50銭から「反発回復」しました。ここから、緩やかに「円安」進行する事が期待できる場面となります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は21000円を超えた事によって、現状の相場は「売り」圧力を踏みあげている場面となっております。かなり、「楽観的な相場」にトレンド転換しております。

もし、途中の段階で21000円を割れたとしても、時間の経過とともに回復すれば問題はない。むしろ、下落した場面は「押し目」と判断して、冷静に対応すれば良いでしょう。

9月中に、21000円辺りの攻防戦を繰り返すのであれば、22000円、23000円は射程圏内に入るという事なのでしょう。そのまま、年末に向けて上昇することが理想となります。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。