投資の手法として「損切り」することは大切です

日経225先物の投資において、投資の手法として「損切り」することは大切です。これが出来ないのであれば、自分の経験や負けを認めたくないという欲望が優先されてしまう。

個人投資家の中には「損切り」ラインに到達したら、ナンピンして瞬間的に損失を減らす。そして、ひたすら回復するのを待った時に、手仕舞いして利益を得るという人もいらっしゃいます。

しかしそれは、ごく限られた方のみ通用する方法なのでしょう。

簡単に難平「ナンピン」に手を出してしまうと、損失額も「2倍」になる。心理的な負担も大きくなります。そうなると、今後は相場で生き残る事は難しいかもしれません。

相場には明確な基準がない

相場の世界は常識的なできごとが通用しません。つまり、普段から生活しているスタイルを、投資に向けても無駄であるということです。例えば、

・日常の価格(商品)は決まっているので確実である
・相場の価格は決まっていないので不確実性である

日常では、生活用品から物販すべてにおいて価格が決められています。なので、明確な基準に対してお金を支払う事ができれば、売買が成立するということです。

相場では明確な基準がありません。いくらお金を投入したとしても、建玉量を増やす事ができますが儲けられる訳ではありません。つまり、何もかも通用しないということです。

自分自身の経験が邪魔をする

相場というのは非常に曖昧であり、解りづらい世界なのです。それは参加している以上は、永遠に続くものだという認識が必要です。

なので頭の良い人ほど、相場に対していろいろと考えて悩んでしまうことになり、理解に苦んでしまうのです。

今まで、社会で培ってきた経験値や人柄などによって、賃金という対価を得られた世界とはわけが違います。まさに「ミラクルワールド」に参加していると考えた方が良いでしょう。

だから、価値観や経験が邪魔になる場合があります。社会で成功を納めてきた人は理論的です。そのような人が、相場の世界で敗北を認めることが、どんなに大変なことでしょうか?

相場で全勝を納める事は、神話に近いくらい不可能なことです。もしも、そんな事ができるようであれば、誰でもお金持ちになっていることでしょう。

自分で責任を取る

相場の世界で大切なことは、自分の行動に対して、責任を果たす事です。新規建玉を建てた後に、真逆の方向へ行ってしまったときの対処をしていますか?

損切りラインに達したのにも関わらず、躊躇してためらっていませんか?それは、自分が建てた計画を踏み倒す行為であります。たいてい責任から逃れると「最悪のシナリオ」が待っています。

なかには損切りラインでロスカットせずに、価格が元の位置まで回復したなんてケースもあります。ただしそれは、間違ったトレード方法を身につけることになるでしょう。

海外投資家たちは、簡単にわれわれ個人投資家たちを勝たしてくれません。私たちがどこで損切りラインを設定しているのか?どれくらい時間帯まで我慢できるのかを熟知しています。

それらに巻き込まれない為にも、自分で計画したラインを必ず守ることが大切です。途中から変更する事がない様に、しっかりと納得してから新規建玉を建てる必要があります。

あまりにも広い世界である

現実の世界ならば、エベレストの高さや海の深さなどを数値で表す事ができます。車の価格や家の価格などは値段で表す事ができます。

しかし、相場の広さはどのように表現して良いかわかりません。敢えて言うのならば、とても「広い」世界であるということです。限界もなく尺度で表現するのが難しいのです。

そんな異空間の場所へ、あなたが参加することになるのです。だから、しっかりと自分をコントロールしなければ、すぐに倒されて溺れてしまうことでしょう。

一見すると、残酷のような世界かもしれませんが、相場はあなたを落とし入れようとか考えている訳ではありません。相場にとってあなたは、とても小さな存在として認識されています。

相場に対しての感情は、自分の「心理」の中に存在しているのですから。自分自身でいくらでもコントロールすることができます。