難平「ナンピン」は禁物である

日経225先物の投資において、難平「ナンピン」する事は禁物です。

何故なら、資産管理に対して、大きな影響を与える可能性があるからです。一見すると、利用的価値がある戦略に思えることでしょう。

何故ならば、ナンピンに成功することが出来れば、収益を倍増することが出来るからです。今までの損失分を、一気に千載一遇して、プラスに転換する事ができる。これが出来れば、どんなに、気持ちの良いことでしょう。

しかし、実際はどうでしょうか。ナンピンを経験した方なら理解できるかも知れません。冷静に考えてみれば、建玉を倍増させて、損失額も倍増する行為になり兼ねない。

難平するくらいならば「リセット」するべきである

新規建玉してから、しばらく建玉をホールドした。その時に、「損切り」ラインに到達した。ここで、ロスカットする事が出来ずに、さらにホールドしてしまう。最終的に、自分の都合のいい方向へ解釈してしまい、考えた結果として「難平」しようと考えてしまうのです。

そうなると、さらに戦略は難しくなるでしょう。要するに、一瞬の痛み「ロスカット」を避けたために、難局を示すトレードに巻き込まれることなってしまう。

当然のことながら、価格がV字回復すれば利益は倍増です。でも、損失はいったいどれくらいになるでしょうか?要するに、個人投資家において、損失になってしまうパターン「ワースト3」に入る行為という事なのでしょう。

難平するくらいなら、いったんリセットするべきです。その決断が出来ないようであれば、これから、収益を積み重ねることなど難しいかも知れません。

結論

とにかく、難平「ナンピン」することによって、どれだけ儲けることが出来るのか。まず、自分自身のトレード収支にて算出すると、おそらく理解できるでしょう。

ちなみに、難平するということは、その時点で「損失」が確定している場合に使用する。ほぼ、そのような場面に遭遇しているという事なのでしょう。

要するに、損失額を倍増させているだけなのではないか。結果的に、ハイリスク局面を迎えることになるので、難平は控えるべきでしょう。