焦ってトレードする必要はなくチャンスの場面が来るまで待てばよい

相場において、チャンスを逃してしまうケースは、たくさんあります。どんなに、毎日チャートを観測していても、滅多にないチャンスを、すべて捉える事は不可能なのかも知れません。

というよりも、むしろ完璧に相場を捉えようとせず、利益が追求できるような場面まで待つ。例えば、1日中、チャートに張り付いて観測しても、ノートレードの時だってあるわけです。

むしろ、トレードにおいて、その方が多いような気がします。つまり、待っている場面というのは、トレードの一環でもある。という事も理解しなければならない。

日経225先物のマーケットはデイトレード向きではない

日経225先物のマーケットというのは、デイトレード向きのマーケットではありません。例えば、FX市場のような出来高ボリュームがあって、市場参加者が多い。さらに、平日は24時間の取引が可能であるなど。

そのようなマーケットならば、短時間で価格の値動きが発生する。だから、デイトレードの戦略は通用するという事なのでしょう。実際に、FX取引の個人投資家において、大幅な利益を積み重ねている方もいらっしゃるでしょう。

ただし、私の場合はFX取引をすることはないでしょう。何故ならば、FX市場はプロ向きの市場であると考えているからです。

しかし、日経225先物のマーケットにおいては、別の話になります。とにかく、チャンスの場面が少ない。しかし、1年間において、何度か、利益を追加出来る場面が訪れます。

それを狙い待ちして、利益を積み重ねて行けば、良いという事なのでしょう。だから、毎日チャートに張り付いて、相場を観測する必要はないという事になります。

結論

とにかく、焦ってトレードする必要はなく、チャンスの場面が来るまで待てばよい。冷静になって考えると、理解できることです。しかし、焦ってしまえば、状況の判断を間違えてしまう事だってあります。

そういう時は、待つことで相場のチャンスを見つけ出す。これに尽きます。つまり、相場のマーケットは、明日になってもオープンしている。

この先、未来の時間においても、問題なくオープンしているという事です。目先の利益を追求してしまうと、先が読めなくなってしまうという事です。