「含み利益」伸ばして、「含み損」はすぐにロスカットする習慣が大切である

日経225先物の投資において、今後の相場が「買い時」なのか、それとも「売り時」なのか。価格の方向性を決定することは大切です。つまり、相場の流れを理解する必要があるという事になります。

もし、トレンドの方向性が合っているのであれば、利益を追求することが出来る。あとは、時間軸を味方につけて、忍耐強くホールドするだけです。

しかし、投資の経験が浅かったり、周りのノイズに流されやすい場合。せっかく「含み利益」が発生しているのに、すぐに利益確定してしまう。逆に、「含み損失」が発生しているのに、一向にロスカットしない。

厳しいことを言うようですが、そんなことを何度も繰り返してしまう。そうなれば、いつまで経っても、「利益」を積み重ねることが出来ないでしょう。

なぜ「含み利益」を伸ばすことが出来ないのか

多くの個人投資家は、利益が乗っているポジションにおいて、すぐに解消しようと考えてしまいます。要するに、早く利食いを確定させて、利益を確保したいという事になります。

しかし余りにも、短い時間でしかホールドできない。そのような習慣がついてしまうと、いつまで経っても、利益を積み重ねることは出来ないでしょう。

ちなみに、含み利益が発生している時は、様々な心理的な葛藤があります。早く利食いしたい気持ちは理解できるのですが、ある程度の時間が必要であるという事も、考慮しなければならないという事なのでしょう。

なぜ「含み損」を抱えてしまうのか

逆に、多くの個人投資家は「含み損」に耐えることが出来る。要するに、自分自身によって、あらかじめ設定していた損切りラインが迫ったにもかかわらず、一向にロスカットしないとか。

もしかしたら、価格が回復するかも知れない。ならば、しばらく建玉の含み損失を抱えたまま放任しておこうなど。何故だか、自分の都合の良い方向へ考えてしまうモノです。

そして、冷静になって考え改めたときに、ようやくロスカットするなど。このように考えてしまうと、高確率で「損失」⇒「大損失」に変わってしまうという事なのでしょう。

結論

とにかく、「含み利益」はとことん伸ばして、「含み損」はすぐにロスカットするべきです。多くの個人投資家は、利益が発生すると、すぐに利益確定してしまう。または、損失が発生している時は、我慢してしまう。

そんなことでは、いつになっても苦い経験しか残らず、相場の旨味を味わうことが出来ないでしょう。基本的に、利益が乗り始めてきたら、どこまで伸ばすことが出来るのか。そう簡単に、手仕舞いしてはならないという事です。