価格の「天井」を当てようと考えると踏みあげられる可能性がある

日経225先物の投資において、理想であれば、利益を最大限に伸ばして「利食い」したいと考えます。そして、収益を積み重ねていく。

そのように考えた時に、多くの個人投資家は、天井の位置、底値の位置を意識してしまう。何故ならば、この位置を「的中」させることが出来れば、大幅な利益に出来るからです。

しかし、実際の相場で「天井」と「底値」の位置を当てることは不可能なのかも知れません。何故なら、価格の値動きというのは、つねに不確実な内容に反映されているからでしょう。

例えば、テクニカル分析にかけて、

・「買い」サインが出たから、「買い」検討する。
・「売り」サインが出たから、「売り」検討するなど。

このように、セオリー通りに新規エントリーしても、利益を追求する事は難しい。要するに、現在進行中は「チャートの右端」に立ってエントリーしているので、判定が難しいモノです。

天井「売り」を考えているのは個人投資家だけである

ちなみに、天井と考えて「売り」検討するのは個人投資家だけかも知れません。それは、チャートを見れば一目瞭然です。要するに、チャートが形成する前から、「売り」検討して、先読みし過ぎてしまう。

しかし、それが「ダマし」となって、価格は踏みあげていくなど。とにかく、価格は上昇する時は上昇します。理由としては、「買い」圧力と出来高ボリュームが膨らんでいるからです。

とくに、細かな理由などありません。そして、マーケットは海外投資家が中心となって、売買されている。だからこそ、不確実性があって価格は変動します。もし、彼らの建玉が「売り」一辺倒になれば、急落していきます。

しかし、当面の高値圏である天井から「売り」を検討しているわけではないのでしょう。

要するにサポートラインを割れた辺りから、本腰を入れて急落させていく。そして、適度な場面にて、利益を確保する。要するに、価格の中心部分である「芯」だけを取る。

海外投資家にとって、価格の中間搾取をする行為が、とても得意であるという事なのでしょう。

結論

とにかく、価格の「天井」と「底値」を当てる必要はないでしょう。何故だか、個人投資家は天井と底値を当てたがる。それは、当てれば、大きな利益になるからである。

ただし、海外投資家はトップとボトムを捉えようとしない。彼らは、値動きの、ど真ん中「中心」を狙って、利益を追求している。つまり、価格の中心が動いている場面こそ、もっとも儲かる場面である事を知っている。

このように価格を捉える事ができれば、焦ってトレードする必要はなくなります。そして、相場の見方としては「楽」になるという事なのでしょう。