自分自身の戦略や計画をどのように判断すればよいのか考える

日経225先物の投資において、自分自身の判断や計画は間違っていない。そのように判断する為には、どうすれば良いのでしょうか。結果から考えれば、順調に「利益」を積み重ねることが出来ている。

そのような状況であれば、今後の投資の判断として、間違っていないという事なのでしょう。

ただし、利益を追求しているのにもかかわらず、長い目線で損失になってしまっている。そして、自分の計画した戦略は間違っていないなど。そのように、トレードに対して、「先入観」を持ってしまうと、一向に、利益を追求することが出来なくなってしまうでしょう。

相場の世界における出来事を考える

相場の世界においては、とにかく、常識的な出来事が通用しなくなる。要するに、社会的な生活において培ってきた、常識やコミュニケーション能力など。相場の世界になると、ほとんど通用しなくなるという事なのです。

もしも、常識的な出来事が通用すれば、頭の良い投資家や、資金が豊富な投資家など。資本主義のセオリーが働いて、常に、利益を追求できるはずです。

さらに、価格においても教科書通りに動くはずです。主要なテクニカル分析においても、日足移動平均線のゴールデンクロス買い・デットクロス売り。そして、一目均衡表の雲抜け買い・雲抜け売りなど。

さらに、オシレーター系として、ボリンジャーバンド+2σ売り・-2σ買いなど。とにかく、様々なテクニカル分析を駆使しても、それ相応のリターンや見返りが、相場においては少ない。

これが、独特な相場の世界というモノなのでしょう。

自分自身の判断を素直に認めることも大切である

もし、投資において、自分自身の判断が間違った場合は、素直に認めることが大切になってくる。そこから、もがいたりしない事も大切です。その方が得策である場合もある。

どうしても、投資をギャンブルのように扱ってしまい、感情のままに熱くなってしまえば、どんどん、海外投資家の罠にハマってしまう事になるでしょう。

それよりも、チャンスの時を、虎視眈々と待つことによって、利益を捉えることが出来る回数は増えていく。一見すると、矛盾しているように考えるかもしれませんが、デイトレードのように、回数を増やせば、チャンスの場面が増えるわけではありません。

むしろ、リスクの場面においても、比例しながら増えていくという事も考えなければならないでしょう。

もちろん、自分自身のトレードスタイルや戦略など。理屈や考え方を貫き通すことは大切です。その分、相場の流れに逆らうことなく、トレード戦略をカバーすることが出来る。

ただし、相場の世界においては、自分が正しいという考え方よりも、儲けることを最優先にすることが得策なのです。

どんなにベテランのトレーダーであっても、例えば、有名なヘッジファンドディーラであっても、ミスすることはあるでしょう。

結論

本当に、相場の世界って、独特なマーケットであると考えております。

とにかく、自分の間違いを、素直に認めることが出来るかどうか問題となります。相場の流れに対して、素直に対応する。しかし、自分の信念やトレードスタイルは押し通さなければならない。このバランスが必要であるという事なのでしょう。