5月相場入りの相場観と「ご質問」などを承ります

さて、日経225先物の投資における「ご質問」など承ります。

まず、GW10連休が通過してから、日経225先物の価格は、大幅に下落して行きました。一時期、高値圏22350円まで上昇していきました。今週において、そこから、1000円以上も下落していることになります。

ちなみに、2019年の1月~4月までの4か月間。日経225先物のトレード戦略はいかがでしたか。日経225先物の価格は、最終的に、19000円台から22350円まで上昇しました。そして、緩やかな、上昇トレンド相場が継続して、およそ3350円以上は上昇して行きました。

もしも、この時期に、「買い」に絞っていれば、利益を積み重ねることができたわけです。逆に、「売り」に絞ってしまえば、苦戦を強いられた事になったでしょう。

そして、5月相場に突入してから、利益確定「売り」が発生している相場になっている。このように、相場のトレンドや方向性というのは、ある程度のサイクルで変化していく。

そこで、価格の方向性を「見極める」ことが出来るかどうか。とても、大切になってくる。

日経225先物の投資においては、「買い」と「売り」の両方において、利益を追求することができます。しかし、価格の方向性が一致しなければ、大幅な「損失」になってしまう事だってあるわけです。

相場の格言を使うと、上昇は100日間かけて、下落は3日間で十分である。まさに、現在のような相場において、ピッタリのフレーズとなります。

さて、個人投資家としてトレードしているのであれば、いろいろと相場において、疑問に思う事などもあるでしょう。私「UTA」は、2009年頃からトレードを始めました。特に、最初の1年間は、疑問だらけで、教科書通りに行かない。相場においては、不思議だらけでした。

もし、日経225先物に関してご質問があれば、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはコチラ⇒ 日経225先物の関するご質問フォーム

「The Nikkei225 Rounge」の中身を公開しております

当サイトでは、通常のブログ以外でも、会員様専用のサイト「The Nikkei225 Rounge」など運営しております。要するに、日経225先物に関する「指南書」であります。ご興味があれば、ご覧ください。