もっとも効果的に収益化する為には、海外投資家の戦略をマネする事である

日経225先物の投資において、収益をプラス収支にするためには、どうすれば良いのか。もっとも、効果的に収益化する為には、海外投資家の戦略をマネする事でしょう。

投資において、海外投資家というのは、ゴールドマンサックス証券、クレディスイス証券など。そして、大手ヘッジファンドディーラーたちなど。法人によって、潤沢な資金でトレードしているチームのことを指しています。

現在では、相場のアルゴリズムによる「AI取引」が主流となっております。なので、どのような相場状況になったとしても、冷静な判断を持ち合わせながら、利益を積み重ねることができる。

とにかく、個人投資家では考えられないような環境です。彼らは、独特のリズムと時間軸など持ち合わせています。そして、難局を切り開くための戦術をストックしているのです。

海外投資家でさえ価格のゆくえは分からない

そのように考えると、海外投資家は、百戦錬磨の、完璧なトレード戦略を持ち合わせている。そう考えても、過言ではありません。ただし、海外投資家でさえ、価格のゆくえは分からないのです。

つまり、われわれ個人投資家の同じように、常にチャートの右側を推測して、新規建玉をエントリーしている。相場の環境は違うけれども、日経225先物のルールは同じです。つまり、フェアであり、公平な立場でトレードしている事には変わりません。

では、個人投資家と比較すると、何がこんなにも違うのでしょうか。

何度も同じ場面で仕掛けをする

相場のトレンドにおいて、上昇し続ける相場はなく、下落し続ける相場などありません。どこかの場面で、必ず、価格はストップして「戻り売り」、「買戻し」を繰り返す。

つまり、ある一定の価格帯の中で、上下を繰り返しながら、レンジを形成するという事です。これが、持ち合い相場レンジというモノなのでしょう。

要するに、同じ型を作り上げて、高値圏に突入すれば「戻り売り」を仕掛けて折り返す。安値圏に突入すれば「買戻し」が入って踏みあげていく。

逆に、個人投資家のように、価格のレンジブレイクやブレイクダウンを期待してしまう。そうなってしまうと、結局のところ高値圏掴み、安値圏踏み上げに巻き込まれてしまうわけなのです。

毎日トレードする必要はない

日経225先物の投資においては、毎日のようにトレードする必要はないでしょう。何故ならば、FX為替市場のような、ボラティリティが高く、流動性のあるマーケットではないからです。

もし、デイトレードを駆使して、自分自身の腕を試したいのであれば、FX為替市場をお勧めしております。中には、秀逸な個人とトレーダとして、収益を向上させている方もいます。

しかし、私は、FX為替市場は参加しないでしょう。何故なら、プロ向きの市場であることを理解しているからです。

とにかく、自分自身の戦略を信じて、エントリーすることは大切です。ただし、過信し過ぎることなく、トレードの外部環境である、海外投資家の存在を意識する。

そのことを、頭にインプットさせているだけでも、慎重なトレードを心掛けることが出来る。さらに、やみくもにトレードする事なんて、ほとんど考えなくなるでしょう。