本日、日経225先物の3月限は取引最終日となります

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・21,596円。やや軟調に推移して行きました。

NYダウ平均株価は、26000ドル辺りが意識される事でしょう。昨日、26000ドルの節目を割れて行きました。短期的な、利益確定「売り」が発生しているという事なのでしょう。

為替ドル円は、110円台後半~112円台前半のレンジが意識されることでしょう。

本日、日経225先物の3月限は取引最終日となります。

すでに、海外投資家などは、建玉の入れかえ「ロールオーバー」を達成している事でしょう。そして、3月限⇒6月限との価格差は約200円程度あります。

この価格を、早急に埋めることが出来るのか。それとも、ギャップ差を埋めずに、下落して行くのか。まずは、価格の値動きと動向をチェックしていく事にしましょう。