02月12日(火)の相場観 日経225ミニ先物 5分足チャート分析

【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測。

先週の金曜日、夜間セッションの時間帯。日経225ミニ先物の価格は、20150円~20350円辺り。「上下値幅200円程度」のレンジにて収束して行きました。

さて、3連休明け・東京セッションになります。

本日、寄り付き価格は20405円。GU差160円となります。今週は、21000円の節目を超えることが出来るのか注目しています。相場の見方として、下記の2パターンが考えられます。

・20000円~21000円のレンジ内に収束するのか
・21000円~22000円のレンジ内へ開拓するのか

現状、20000円~21000円の持ち合い相場が継続しています。もう一段上昇しても、不思議ではない相場です。ここは、どこまで価格が上昇していくのか。「買い」に絞った方が、相場の見方としては「楽」という事なのでしょう。

今週レンジ予想 日経225ミニ先物

今週のレンジは、20350円~21350円辺りを想定しております。

【米国市場】

昨日・NYダウ平均株価・終値は、25,053ドル。やや軟調に推移して行きました。

今週は、24300ドル~25300ドル辺り。

当面、25000ドル近辺に対して、200日移動平均線が引かれています。中期的には、上昇トレンドが継続しています。ただし、短期的な「利益確定売り」の場面にも注意するべきである。

ナスダック総合指数は、7300ポイント辺りが意識される

S&P500株価指数は、2700ポイント辺りが意識される

原油価格は、1バレル50ドル~55ドル辺りが意識される。

今週、重要な指標は控えておりません。

政治的な問題として、27日、28日に米朝首脳会談が控えている。

経済的な問題として、14日、15日に米中貿易協議が控えている。今回、ムニューシン米財務長官も同行します。彼は、ゴールドマンサックス証券の共同経営者でもあります。

米中貿易協議によって、二国間「米国・中国」が合意することが出来るのか。合意できれば、貿易摩擦は終焉を迎えます。そうでなければ、3月2日以降。米国は、中国の製品に対して、10%⇒25%の追加関税を、発動させる予定です。

【為替ドル円 取引市場】

今週の目線は、108円80銭~110円50銭辺り。

中期的な目線は、107ドル~113ドル。

長期的な目線は、105ドル~115ドル。

価格は、200日移動平均線を下回っています。ただし、25日移動平均線は上回っています。全体的な相場を考えると、上昇トレンドの初動として捉えることが出来る。

きっかけさえあれば、当面110円の節目を突破することは可能である。ただし、短期的な「ショート」が発生すれば、為替ドル円は「円高」進行する。とても、不安定な相場です。

本日の動画

本日、日経225ミニ先物の相場状況など含めた動画をご覧ください!

1日5回程度、140文字のミニブログ Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村