日経平均株価は、本日25日移動平均線「20528円」を下回りました。

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。本日、日経平均株価の終値・20333円。当面の節目である、21000円から遠ざかっていきました。

現在、25日移動平均線は20528円辺り。日経平均株価の価格は下回っております。

個別銘柄において、9984・ソフトバンクは、6000億円の自社株買い。6758・ソニーは株主を考慮して、上限1000億円の自社株買いを発表しました。2銘柄は大幅に上昇していきました。

ただし、全体的に225銘柄は下落しております。そして、日本の市場だけが取り残されている相場です。ここから、11日(月)は祝日です。なので、3連休が控えております。

祝日を利用して、海外投資家がポジション調整を行った場合。価格のギャップ差に巻き込まれる可能性もあります。個人投資家は、新規建玉のポジションに注意が必要です。

米国市場は、NYダウ平均株価25000ドルの節目で攻防戦となっております。貿易摩擦の懸念があったとしても、相場は落ち着いているという印象です。

為替ドル円は109円70銭辺り。短期的な「円高」進行しながらも、中期的に「円安」進行している印象です。

全体的なマーケットを考慮すれば「中立的」な相場です。

さて、日経225先物の価格・終値は20300円です。当面の20300円~20900円のレンジの下限に位置しております。ここは、下値抜けブレイクダウンの可能性もあるので注意しましょう。