新規20190円「売り」建玉は、「+95円」決済しました。

新規20190円「売り」建玉は、「+95円」決済しました。

さて、本日の東京セッション・午前中の時間帯。寄り付き価格は、20140円で取引開始しました。もしも、価格が一気に上昇して、20350円辺りまで上昇したのならば、「買い」絞ったかも知れません。

しかし、価格は一向に上昇することなく、20250円辺りでストップ。ここから、正午過ぎにかけて、下値模索の展開が継続する可能性が高い。そのように考えて「売り」絞りました。

07日(月)09:40分 「売り」エントリー建玉の分です。※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

新規20190円「売り」建玉は、「+95円」決済しました。2019年度、一回目の利益です。当初は「+100円」考えていました。板注文した時に、5円滑りましたね(笑)。久々のトレードだったので、手の指先が鈍感になっていたのかも知れません。↓↓

さて、新規ホールドしてから、わずか2時間程度。この短時間で、利益を確保することが出来ました。ある程度の満足感はあります。

日々、チャートは上下に揺れ動くだけ

日経225先物の投資において、リスクを回避しながら利益を積み重ねることが大切です。つまり、コツコツ「利益」を積み重ねても、ドッカンと「損失」を受けては意味がありません。

実際に、10円、20円、30円、50円など。高速スキャルピング手法を極めれば、いくらでも取れる可能性が高いです。ただし、高速スキャルピングは、一回でも失敗した場合。いきなり、マイナス100円、150円、200円のリスクが襲ってきます。

すると、最終的な損益はマイナスとなってしまう可能性の方が高い。

日経225先物の取引は、市場参加者が少なくて、とてもニッチなマーケットです。だから、何度もエントリーすれば、収益を確保できるような市場でありません。もしも、自分の腕を試したいのであれば、FX取引へチャレンジすることをお勧めします。

FX取引の市場は、市場の参加者が多くて、ボラティリティが高い。だけど、プロ向きの市場であるという事も考慮しなけれなりません。だから、私はFX取引はしておりません。

日経225先物の投資を始めて、およそ10年が経過しました。2019年度も、日経225先物の専門としてトレードしますので、どうかよろしくお願いします。

また、チャンスの場面があれば積極的に仕掛けていきたいと考えております。

1日5回程度、140文字のミニブログ Twitter更新してます。⇒ @nikkei225com

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村