11月14日(水)の相場観 日経225ミニ先物投資 5分足チャート分析

【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測になります。

さて、日経225ミニ先物の価格は21500円~22000円近辺で、上下を繰り返しております。短期的に値動きが荒い状況となっており、やりづらい相場が継続しております。

このような相場において、新規建玉を入れてしまうと、「買い」絞っても切らされてしまう。「売り」絞っても踏み上げげられてしまう。とにかく、価格の方向性が安定するまで「見送る」という事も大切なのでしょう。

つまり、相場においては「買い」なのか、「売り」なのか。もし、判断が難しい状況ならば、「見送り」という選択肢もある。現在は、「見送り」の戦略も、選択肢の中で必要であるという事なのでしょう。

【米国市場】

昨日・米国においてNYダウ平均株価・終値は、25,286ドル。軟調に推移して行きました。結局のところ、大幅に26000ドルを割れた場面から回復しておりません。

原油価格が大幅に下落したことが要因とされております。そして、米国・中間選挙が通過したこと。さらに、米FOMCの政策金利が通過したこと。

米国市場においては、節目の部分が通過しておりますので、一旦「利益確定売り」に押されている可能性が高いという事なのでしょう。短期的には、下値模索の展開が継続することになります。

【為替取引市場】

為替ドル円の市場においては、113.89円辺りで推移しております。

今週は、113円銭~114円50銭辺り。とにかく、一気に「ドル高」となって、114円台まで回復したことは、とても快挙であります。

そして、米国市場・日本市場が軟調に推移しているのにも関わらず、為替ドル円は落ち着いているという印象です。このまま、踏ん張ることが出来れば、113円台を底固めすることが出来ます。

ただし、ここから、114円の壁を超えて「円安」進行したとしても、115円という強烈なレジスタンス抵抗線があります。ちなみに、過去2年間「2017年、2018年」のチャートを観測しても、115円の壁で跳ね返されている事が理解できます。

本日の動画解説

さて、ここから価格はどうなっていくのでしょうか?それでは、本日の相場状況などを含めて動画をご覧ください!

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村