11月09日(金)の相場観 日経225ミニ先物投資 5分足チャート分析

【午前中】日経225ミニ先物のチャート観測になります。

さて、日経平均株価は22500円辺りの攻防戦となっております。そして、ザラ場において、8267・イオンは年初来高値を更新しております。

ただし、携帯通信事業の3社「ソフトバンクグループ、NTTドコモ、KDDI」は、直近の高値圏まで、回復しておりません。なので、全体的に考えると高安まちまち。

だから、日経225先物の価格は22500円にて、攻防戦が繰り広げられているという事なのでしょう。ただし、そろそろ下振れのリスクも考えなければならないでしょう。

【米国市場】

昨日・米国においてNYダウ平均株価・終値は、26,191ドル。停滞しながら推移して行きました。当面、26000ドルの節目ラインは超えております。そして、米FOMCの政策金利は、現状維持となりました。

ナスダック総合株価指数7,530ポイント。直近の高値圏である8000ポイントまで近づいてきました。そして、主要な銘柄である「Google、Amazon、アップル、Facebook」など。直近の決算では好業績です。しかし、高値圏に近づいてしまうと「利益確定売り」に押されてしまう。

S&P500株価指数「全11業種」は2,806ポイント。すでに、直近の高値圏である2900ポイントまで回復しております。米国市場は、「ごく一部」の銘柄は、利益確定売りとなっている。しかし、「全体的」な銘柄においては、上昇回復しているという事なのでしょう。

【為替取引市場】

為替ドル円の市場においては、113.90円辺りで推移しております。

本日、114円まで円安進行しております。現在は、米国市場が堅調な推移を考えると、「ドル高」が進行しております。つまり、「円安」が進んでいるという事です。

ただし、114円近辺になると、「折り返し」円高が懸念される位置となります。ここから、投機的な値動きとなる可能性があるので注意が必要です。

本日の動画解説

さて、ここから価格はどうなっていくのでしょうか?それでは、本日の相場状況などを含めて動画をご覧ください!

☆日経225先物のランキングに参加しております(^◇^)。
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村