【日経225先物の戦略・その15】規律的なトレード手法が完成できたら何度も繰り返し実行しなければならない

日経225先物の投資において、独自のトレード手法を確立する事は大切であります。そして、自分自身が納得した手法であれば、何度も繰り返し利用するべきであります。そうすれば、収益は改善されることでしょう。

しかし、その過程に至るまでには、それなりの時間と労力がかかるのは必須であります。なぜならば、独自のトレード手法を開発するまでには、さまざまな検証と研究を繰り返さなければならないからです。

何度もバックテストをして、トライしながら実践する。そして、マイナスのエラーが出れば改善していく。つまり、トライ&エラーの繰り返しであります。さらにトレード手法に磨きをかけるのであります。

だから、トレード手法を作り上げると言いましても、なかなか一筋縄ではいかない場面もあるでしょう。しかし、一旦「規律的なトレード手法」を仕上げることができれば、あとは使用し続けるだけです。ここまで辿り着くことができれば、日経225先物で収益を向上させることは難しくないのであります。

それでは動画をご覧ください⇒

日経225先物のトレーダーとして、利益を向上させるためにはどうしたら良いのか。利益を積み重ねているトレーダーは、いったい、どのような方法を身につけているのでしょうか。トレード方法と言いましても、収益を向上させるスキルは様々であります。

・1日に数回程度の売買を繰り返して、収益を積み重ねる デイトレーダー手法
・1週に数回程度の売買を繰り返して、収益を積み重ねる スイングトレーダー手法
・1年に数回程度の売買を繰り返して、収益を積み重ねる ロングトレーダー手法

それぞれ、時間軸も違いますし、リスクの許容範囲も違います。まず、どのようなスタイルが、自分自身に合っているのか分析しなければなりません。

恐らく、投資の世界においては、百戦錬磨の魔法のようなトレード方法は存在しないという事であります。そう簡単に、価格は都合の良い方向へ動かなだろうし、奇跡なども起こりません。

しかし、利益を追求しているトレーダーというのは、共通点があります。それは、規律あるトレード方法を身につけているという事であります。

つまり、自分自身には寛容的にはならず、厳しくルールを設けているという事であります。これから、日経225先物の戦略において活躍するために、必要なものばかりを作成しましたのでご覧ください。