東芝ショックによって、今後の日経平均株価や日経先物にも影響を与えるのか?

さて、本日の東京セッションにて、「東芝ショック」というニュースが取り上げられました。やはり、3Dメモリーの開発や売り上げが良くなかったのですかね(´・ω・`)。

東証1部上場の銘柄でありますから、日経平均株価に影響を与えるのは当然のことであり、午後になってそれに釣られて、日経先物も下落していきました。

しかし、ダウ平均CFD、原油価格、為替ドル/円は、ほとんど影響を受けておりません。なので、すでに、東芝ショックといわれる状況が、今後も続いたとしても、すでに終焉を迎えております。

その後を追跡するのは、メディアや個人投資家だけであって、外国人投資家は、とっくに場面を切り替えているのでしょう。

なので、あまり影響を受けすぎてトレードしてしまうのは注意が必要であります。それでは、動画をご覧ください!!