持ち合いレンジ相場から抜けトライしても騙しとなる可能性もある

例えば、ようやく価格が、「上抜け」もしくは「下抜け」する時期が来たとしましょう。つまり、価格のブレイクの瞬間です。いままでのエネルギーを貯め込んでいるので発生すれば、一気に加速していく可能性があります。

スイングトレーダーからすれば絶好のチャンス到来です。

利益を伸ばすことができる場面であります。デイトレーダーからすれば困惑する場面です。「逆張り」で仕掛けているのでブレイクアウトすれば大損する事になります。

どちらの手法が正しいかどうかという検証は、ここでは割愛させて頂きますが、価格がブレイクしたからといって、必ずしも継続するとは限りません。

つまり価格の「ダマシ」に遭遇してしまう可能性があるということです。いまにもブレイクするような場面に見せかけて、ふたたび保ち合い相場が継続することもあるという事です。

海外投資家や大口ヘッジファンドなどが仕掛けてくる

レジスタンスライン&サポートラインを抜けずに、保ち合い相場が継続する場合は、誰かが再び建玉をぶつけているということです。

そのようなことができるのは、海外投資家や大口ファンドしかいません。かれらの資金力や建玉量は半端ではありません。われわれ個人投資家が適うような相手ではないということです。

そして保ち合い相場においては何回も同じようなところで仕掛けてくる可能性もあります。それが、中間においてBox相場を作り上げている理由であります。

そうであっても、何らかの理由が重なった場合は、素直にブレイクアウトしていくわけです。これは、その時の状況を把握するだけでは分らないことが多いのです。

ダマシの時は出来高が少ない

あえて注目するところは「出来高」です。もしも本当にブレイクする可能性があれば、いままで比べものにならないほど「出来高」の量は増えていくことでしょう。

つまり出来高が伴っていない場合は、「ダマシ」になる可能性が高いということです。新しいトレンドをつくりあげる場合は、それなりの出来高が必要となるわけです。

価格が、高値圏にあるレジスタンスラインにきたら注目しておいてください。その時に今までとは違った出来高が増えて行った場合は、ブレイクアウトのチャンスかもしれません。

価格が、安値圏にあるサポートラインにきたら注目しておいてください。その時に今までとは違った出来高が増えて行った場合は、ブレイクアウトのチャンスかもしれません。

いつかは新しいトレンドが作り上げられる

そうはいっても、同じ価格帯でずっと停滞するわけではありません。つねに価格というのは、新鮮な動きを求めているわけです。

ある一定の時期が来れば、価格というのは状況に応じて変動していくものです。それまで待ってスイングトレードを貫くのか?デイトレーダーとして短期売買を繰り返していくのか?

どちらの手法が正しいのかは分かりませんが、中期的に利益を積み重ねているのはスイングトレーダーの方でしょう。

もちろん中にはデイトレーダーとして、着実に利益を積み重ねている方もいらっしゃいます。その場合は、相当の分析力やメンタルが強化されていることが必須であります。

ただし先物指数の市場においては、短期売買は向いていないことを認識しなければなりません。デイトレーダーとして磨きをかけたいのであれば、為替市場に移行するとよいでしょう。

ダマシに遭遇しても何度かチャレンジすることが大切である

たいていの個人投資家の場合は、一回のダマシに遭遇してしまうと、次回にチャレンジすることをしません。相場に騙されたことでショックを受けているのです。

そんなことで躊躇していては、いつまで経ってもトレードは上達しません。たとえ失敗したとしても、チャンスの場面があれば何度でもトライすることが大切なのです。

百戦錬磨の連勝トレーダーなんてプロであっても存在はしません。いかに損失を抑えて利益を伸ばしていけばよいのかを考えれば、マーケットに対して、そんなにも恐れる必要はないでしょう。