上昇の勢いは衰えるが、流れは継続か。。。

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日の日経平均株価の終値・26,843.49円。

25日移動平均線・26,940円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億
2022年・ 3月・第3週目 -3556億 -1955億
2022年・ 3月・第4週目 -3472億 -1649億
2022年・ 3月・第5週目   915億  3603億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

26500~28000円辺り。

今週、休場日はございません。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第5週目。

個人投資家   915億
海外投資家  3603億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第5週は買い越し(3603億)となり5週連続で売り越しも終了しました。また、個人投資家も買い越し(915億)に転じて、2週連続で大幅な売り越しから少しだけ買い戻す動きとなりました。依然として海外投資家・個人投資家ともに身軽な状態であると言えます。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34200~35500ドル辺り。

原油価格、1バレル93~105ドル辺り。

恐怖指数、VIX17~24辺りが意識される。

今週、15日(金)は聖金曜日で休場となります。

米国市場全体のボラティリティもだいぶ落ち着いてきましたのでこれからはファンダメンタルに沿った値動きに移っていくでしょう。長期金利の上昇が続いており、ハイテク・グロース企業にとっては上値の重い展開が続いておりますが、バリュー株が堅調に推移しているため、全体的には底堅い動きが続くと考えられます。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、123.00~125.50円辺り。

約2.5円(250pips)程度のレンジを想定。

日米の金融政策の違いが鮮明になっており、方向的には円安に振れやすい状況が続くでしょう。4月に入り日本に金融政策は国際買いを増やすなど緩和方向に進んでおります。一方で米国ではインフレが引き続き市場の重要なテーマになっておりますので、どちらかといえば引き締め見方が継続していくでしょう。このような背景から方向的には円安とみるのが普通だと考えます。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は堅調な展開が予想されます。

米国株式市場が大幅に反発しており、ダウ平均は1.0%程度、ナスダック市場は2.0%程度上昇しております。ただし、昨日の日本時間で米国先物の夜間市場で0ダウ先物は0.8%程度の上昇をしており、この上昇はある程度日本株には織り込まれております。

中国のコロナ。。。

上記の要因は色々ありますが、上海のロックダウンが一部緩和というニュースが朝方流れたのでそれが主な要因であるでしょう。上海のロックダウンは細かな地域ごとに行うため、その一部が緩和したと考えられ、今後は緩和の動きが続くと思いますので株式市場にとってはポジティブな材料となるでしょう。

米国債の金利低下。。。

米国債の金利が低下(10年国債金利-5.0bp)しており株式市場にはポジティブな要因となっております。ニュースでは歴史的な水準と言われておりますが、株式市場が注目していたポイントはその勢いであり、水準はその次であったといえます。CPIコア指数の伸びは0.3%と市場予想(0.5%)を下回り、2月(0.5%)からも低下しました。要するに市場が懸念していたのは前月比であり、2月の0.5%よりもさらに勢いが加速するのではとの懸念でした。その懸念により、米国債が勢いよく売られ続けて株式市場にとってはネガティブだったのです。前にもお伝えしたように、金利の上昇は景気が良いという裏返しであり、株式市場にとってはどちらかといえばポジティブ要因です。ただし、上昇の勢いが問題であり、それが速いと問題となるのです。何度も申し上げますが株式市場にとって金利上昇はポジティブな部分が多いのです。

本日のトレードですが、株式市場の上昇の勢いは昨日ほどは期待できません。過度の売られすぎの反動は一旦終了していると考えますので。ただし、上昇の勢いは続くと思いますので、買いスタートで良いと考えられます。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村