海外投資家は6週間ぶりの買いに転じました

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日の日経平均株価の終値・26,888.57円。

25日移動平均線・26,760円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億
2022年・ 3月・第3週目 -3556億 -1955億
2022年・ 3月・第4週目 -3472億 -1649億
2022年・ 3月・第5週目   915億  3603億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

27600~28800円辺り。

今週、休場日はございません。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第4週目。

個人投資家 -3472億
海外投資家 -1649億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第4週は再び売り越し(-1649億)となり5週連続で売り越しています。また、個人投資家も3月第4週は再び売り越し(-3472億)となり2週連続で大幅な売り越しとなっております。(3月第3週は-3556億)個人投資家のポジションもだいぶ軽くなっている状況です。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34500~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル93~110ドル辺り。

恐怖指数、VIX17~22辺りが意識される。

今週、休場はございません。

米国市場全体のボラティリティもだいぶ落ち着いてきましたのでこれからはファンダメンタルに沿った値動きに移っていくでしょう。企業業績や金利の上下など教科書通りの要因で動きますので値幅的にはかなり落ち着くと思います。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、121.00~125.00円辺り。

約4.0円(400pips)程度のレンジを想定。

日米の金融政策の違いが鮮明になっており、方向的には円安に振れやすい状況が続くでしょう。4月に入り日本に金融政策は国際買いを増やすなど緩和方向に進んでおります。一方で米国ではインフレが引き続き市場の重要なテーマになっておりますので、どちらかといえば引き締め見方が継続していくでしょう。このような背景から方向的には円安とみるのが普通だと考えます。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は堅調な展開となるでしょう。

市場では、ウクライナ情勢のほか、米連邦準備理事会(FRB)の一段と積極的な姿勢が引き続き意識されますが、先日、どちらかといえばハト派のFRBブレイナード理事(副議長候補)が「インフレ退治が最優先」といった発言を行い市場は荒れましたが、徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。米国債券市場も一時は5年-10年の逆イールドが進みましたが、本日はスティープしており相場が落ち着きを取り戻しております。

昨日の日本株式市場はTOPIXの算出変更に伴う調整売りが午前中にあったということで、思った以上に弱い動きとなりましたが、こちらに関しては一時的な需給によるところであり下落した分は戻す動きがあるでしょう。

本日は週末を控えて売った分の買い戻しが考えられるほか、ミニSQであることから寄付き後は需給的に改善する可能性があります。

テクニカル的にも25日移動平均線で昨日の下げが止まっておりますし、長期スパンのレンジである27000円近辺の下値支持線はまだ維持している状況であると考えます。

本j地うのトレードは、買いエントリーでスタートして場合によっては週末ですが持ち越すことも良いかもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村