引き続き為替市場に影響される展開も動意薄の展開か

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週末の日経平均株価の終値・27,665.98円。

25日移動平均線・26,620円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億
2022年・ 3月・第3週目 -3556億 -1955億
2022年・ 3月・第4週目 -3472億 -1649億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

27600~28800円辺り。

今週、休場日はございません。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第4週目。

個人投資家 -3472億
海外投資家 -1649億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第4週は再び売り越し(-1649億)となり5週連続で売り越しています。また、個人投資家も3月第4週は再び売り越し(-3472億)となり2週連続で大幅な売り越しとなっております。(3月第3週は-3556億)個人投資家のポジションもだいぶ軽くなっている状況です。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34500~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル93~110ドル辺り。

恐怖指数、VIX17~22辺りが意識される。

今週、休場はございません。

米国市場全体のボラティリティもだいぶ落ち着いてきましたのでこれからはファンダメンタルに沿った値動きに移っていくでしょう。企業業績や金利の上下など教科書通りの要因で動きますので値幅的にはかなり落ち着くと思います。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、121.00~125.00円辺り。

約4.0円(400pips)程度のレンジを想定。

日米の金融政策の違いが鮮明になっており、方向的には円安に振れやすい状況が続くでしょう。4月に入り日本に金融政策は国際買いを増やすなど緩和方向に進んでおります。一方で米国ではインフレが引き続き市場の重要なテーマになっておりますので、どちらかといえば引き締め見方が継続していくでしょう。このような背景から方向的には円安とみるのが普通だと考えます。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は動意に乏しい展開となるでしょう。

先週末の米国株式市場はすべての市場で小幅高となりましたが、先週末の日本市場ではその動きはほぼ織り込んでおり影響は限定的です。引き続き株式市場には「ウクライナ情勢が進展しない」「米国をはじめ世界的なのインフレ懸念」「中国(上海)のコロナ」など投資家が買い手控えそうな話題が残っております。一方で最近の急激な上昇で個人投資家のポジションはかなり改善しており、また「利益確定売り」や「やれやれ売り」が3月の後半で相当量あったことから押し目買いを模索している状況です。また、海外投資家が昨年の11月から一貫して売り越しを継続しており日本株に対するウェイトはかなり下がっていることを考えると下げは限定的と言えるでしょう。

本日も為替に影響されやすい展開になると思いますので、ドル円相場には要注意ですが日本時間では膠着状態が続くと考えられます。

本日のトレードは、買いのタイミングを探して値幅は小さめに収めるのが良いのかもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村