何度も何度も跳ね返された28000円(先物)の突破は少し時間が必要か

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週末の日経平均株価の終値・27,821.43円。

25日移動平均線・26,553円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億
2022年・ 3月・第3週目 -3556億 -1955億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

27600~28800円辺り。

今週、休場日はございません。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第3週目。

個人投資家 -3556億
海外投資家 -1955億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第3週は再び売り越し(-1955億)となり4週連続で売り越しています。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34500~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル98~120ドル辺り。

恐怖指数、VIX18~24辺りが意識される。

今週、休場はございません。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、118.00~125.00円辺り。

約7.0円(700pips)程度のレンジを想定。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は軟調な展開が予想されます。

ウクライナ情勢で停戦が進捗しないとのことで米国株式市場は下落したことで、日本市場でもその影響を受けると考えられます。ただ、ウクライナ情勢を理由に下落したのではなく急上昇に対する調整が日米ともに必要だったと考えられます。先週、今週とも日経平均株価の現物価格は28000円超えは特に抵抗はないですが、日経平均先物では日本時間の28000円は何度も何度も跳ね返される結果となっております。ここにはかなり強固な売り圧力が散見されますので、突破するのはある程度の調整や時間が必要かもしれません。

ただ、このまま下落トレンドに入ることはよほどの要因がない限りなさそうなので、下落時には押し目買いが散見されると考えられます。

本日のトレードとしては、値幅を狙わずに寄付き下落後に買いを考えるのも良いかもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村