まだまだ聞こえてくる「買いたい弱気」の声。。。上昇相場継続か

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週末の日経平均株価の終値・28,252.42円。

25日移動平均線・26,450円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億
2022年・ 3月・第3週目 -3556億 -1955億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

27600~28800円辺り。

今週、休場日はございません。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第3週目。

個人投資家 -3556億
海外投資家 -1955億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第3週は再び売り越し(-1955億)となり4週連続で売り越しています。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34500~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル98~120ドル辺り。

恐怖指数、VIX18~24辺りが意識される。

今週、休場はございません。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、118.00~125.00円辺り。

約7.0円(700pips)程度のレンジを想定。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は米国市場でナスダック市場が大幅に上昇したことで日経平均先物の夜間取引も大幅高となっていることから堅調に推移することが予想されます。

ロシアとウクライナの停戦交渉で紛争解決に向け進展しているという期待が追い風となっており、2020年11月以降、大幅に売り越してきた(上記参照)海外投資家の買い戻しが続くと考えられます。株式市場参加者の中にはまだ「こんな状況で株が上昇するわけがない。。。」といっか声が沢山聞こえてきており、「買いたい弱気」が蔓延している状況を考えると上昇の余地があるのではないかと思います。

本日は権利付き売買最終日の翌日でありますので、通常では需給的に弱い相場になるのですが、現在の状況はそれを打ち消す程の強さがあると考えられます。

米債券市場で29日、2年債利回りが10年債利回りを上回り、2019年9月以来初の利回り逆転となったことが話題となっております。2・10年債利回りの逆転は、景気後退の前兆として注目されており、株の弱気派には格好の材料になりそうです。逆イールドが発生してからリセッションに陥るまでには傾向的に12カ月から24カ月のタイムラグがありますので株式市場はあまり材料視されないと考えられます。

本日のトレードは、引き続きロングのエントリータイミングを計り、場合によってはオーバーナイトポジションも良いのかもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村