日経平均株価は30000円を目指すのか。。。

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週末の日経平均株価の終値・28,110.39円。

25日移動平均線・26,350円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

26500~27800円辺り。

今週、21日(月)は春分の日で休場です。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第2週目。

個人投資家  1853億
海外投資家 -9935億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第2週は6年ぶりの大幅な再び売り越し(-9935億)となりました。一方で、個人投資家の買いは続いております。4週連続(2月第3週16億、2月第4週1647億、 3月第1週2941億、3月第2週1853億)で引き続き買いの主体となっております。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34000~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル95~110ドル辺り。

恐怖指数、VIX20~26辺りが意識される。

今週、休場はございません。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、118.50~120.20円辺り。

約1.7円(170pips)程度のレンジを想定。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は堅調に推移する展開が予想されます。

グローバル的な株式市場の上昇は、ウクライナ情勢で売られすぎた反動による需給的な部分もありますが、米国長期金利が上昇していく中で株式市場も堅調に推移していることから、米国経済に対する強気な見方が増えてきております。つまり、「金利上昇=株式下落」の金融相場ではなく、「金利上昇=株式上昇」の業績相場に入っていることになります。FRBのパウエル議長も「The economy is very strong.」「The labor market is very strong and extremely tight.」と非常に強調した形容詞を使っていることからも米国経済が強う状況を表していると考えられます。

株式市場の中では未だに上昇に対して怪奇的な見方もあり、また「株を買いたいけどこの水準からは。。。」といった声が聞こえているうちは堅調に推移すると考えられます。

テクニカル的にも25日移動平均線を明確に超え、ウクライナ情勢前のレンジである27500円~30000円に戻ってきました。もしかしたら30000円近辺までの上昇もあるのかもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村