基本的にトレードというのは「孤独な作業」の連続です

基本的にトレードというのは孤独な作業の連続です。デスクにパソコンを置いてチャートを見ながら、自分の得意とするチャンスがあれば新規建玉を建てるわけです。

あなた対トレードとの時間を共有する事になり、決済方法に至るまで会話をするような場面などありません。無言と無音のままに思考を働かせなければならないのです。

トレードで収益を得られたとしても、誰かと喜びを分かち合えるようなことはありません。多少の浮ついた気分を自己満足のままにして、そっと「心」に収めるだけです。

もしも、トレードで失敗したとしても自分を励ましてくれたり、元気づけたりしてくれる人などいません。自分で、「心理」の部分を改善して解決しなければならないのです。

相場の世界に参加するということは、「孤独」との付き合い方を上手に行わなければなりません。それをコントロールすることができなければ、今後は難局を示すトレードに巻き込まれてしまう可能性があります。

連帯感からの誘惑に耐える

メディアや新聞などは説得力があるのでとても参考になります。証券アナリストやストラテジストの分析力は専門的で知識も豊富なので読み応えがあります。

これらの情報を参考にしてトレードしている個人投資家は大勢います。「個人」といえども大勢が集まることになれば、「大勢」という連帯に変わるわけです。

もしも大勢の投資家が同じ方向へ動いた場合は、相場の流れを変えることだって可能なくらいです。それは出来高やチャートなどを見れば一目瞭然です。

それくらい影響を与える事ができるのです。そういう場合は素直に参加して、同じ方向性へ建玉を建てることが必要です。決して逆らう場面ではありません。

大勢の投資家の動きというのはとても強力ではあります。しかし、単純的なモノであるために同じようなことを何度も繰り返すのです。

その「繰り返す」というパターンや特徴を捉える事ができれば、何度でも利益を得る事ができるようになります。そのためには1年以上はマーケットに参加して、「癖」を見極める訓練をする必要があるでしょう。

どこから利益を得ているのか?

マーケットでは誰かが利益を獲得しているときに、誰かが損失を出しているということになります。利益が一部の人だけに、取引所を仲介してシフトしているだけなのです。

もしも「大勢」の連帯にいるようであれば、利益を得ることはできません。つねに、「孤独」のポジションにいる方へ利益が誘導しているわけです。

しかしそれは簡単なことではありません。何故なら大勢の意見というのは強気派になります。相場で弱気派の意見や主張などは通りません。つねに反対派に晒されることを、覚悟しなければならないのです。

マーケットで利益を得られる事ができるのは、弱気派である一部の人間だけなのです。それが海外投資家や大手ヘッジファンドのディーラーであるということです。

参加者は日本人だけではない

先物市場へ参加しているのは個人投資家だけではありません。そして日本人だけではなく、世界中から参加しているということも忘れてはいけません。

それだけ注目しているマーケットなのです。そして、各国から参加しているということは文化などや環境も違うわけです。つまり、根本的な思考方法や常識なども通用しないということです。

マーケットでは、日本の社会的な常識や考え方が通用しないというのはそういうことでもあります。むしろ教科書通りにトレードしたり、常識的な投資家から利益を奪われることになるでしょう。

相場に参加する時だけは、社会で培ってきた「人格性」や「人情性」などを持ち込まない事です。そして「自尊心」プライドなども邪魔をすることになるでしょう。

建玉を決済してポジションを持たないようになったら、元の自分に戻って生活すれば良いわけです。それだけの分別をして切り替えをしなければ、マーケットで財産を失うことになるでしょう。