27000円越え!!上昇トレンドも継続か

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週末の日経平均株価の終値・26,827.43円。

25日移動平均線・26,280円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・09月 -5891億 -1401億
2021年・10月 1159億 6937億
2021年・11月 1453億 -2877億
2021年・12月 -4190億 -7032億
2022年・ 1月 6738億 -2794億
2022年・ 2月 -517億 -4499億
2022年・ 3月・第1週目  2941億 -2692億
2022年・ 3月・第2週目 1853億 -9935億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

26500~27800円辺り。

今週、21日(月)は春分の日で休場です。

個人投資家と海外投資家の動向

3月・第2週目。

個人投資家  1853億
海外投資家 -9935億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。海外投資家は3月第2週は6年ぶりの大幅な再び売り越し(-9935億)となりました。一方で、個人投資家の買いは続いております。4週連続(2月第3週16億、2月第4週1647億、 3月第1週2941億、3月第2週1853億)で引き続き買いの主体となっております。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34000~35800ドル辺り。

原油価格、1バレル95~110ドル辺り。

恐怖指数、VIX20~26辺りが意識される。

今週、休場はございません。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、118.50~120.20円辺り。

約1.7円(170pips)程度のレンジを想定。

本日、早朝の相場観

さて、本日の日経平均株価は堅調な展開が予想されます。

昨日の日本市場は休場でしたが、先週末と昨日にCME日経平均先物が27000円を超えて推移しており、本日の寄付きも大幅に上昇して始まるでしょう。その後は先週から4営業日連続で上昇して、上昇幅も2000円近くになることからある程度の売りが上値を重くする場面もあると考えられますが、市場のセンチメントが大幅に改善しており、リスクオンの動き(米国金利上昇、商品市場上昇)になっていることから、株式市場も買いが優勢になると考えられます。また、為替のドル円も120円に近づいておりこちらも日経平均株価を押し上げる要因となるでしょう。

本日のトレードは、引き続き買いスタンスで良いかと思います。日経平均株価の27000円前半は2月中のレンジの中心だったために、やれやれ売りが多く出てくる水準であることから、先週のような大幅上昇は見込みにくいですが、この上昇トレンドに旨く乗るのが効率的かもしれません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村