日経平均株価は短期的な下落の局面へ向かっている

昨日、日経平均株価の終値・27935円。

25日移動平均線・29203円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・07月 4926億-2474億
2021年・08月-1907億-1393億
2021年・09月-5891億-1401億
2021年・10月  1159億 6937億
11月・第1週目ー3386億 1453億
11月・第2週目 ー541億 ー372億
11月・第3週目  1281億ー1475億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

27500~28800円辺り。

※現状レジスタンス抵抗線→サポート支持線割れる場面が見られました。価格は乱高下相場に発展しているので、新規建玉をホールドする場合は十分に注意が必要です。

今週、休場日はありません。

個人投資家と海外投資家の動向。

11月・第3週目。

個人投資家  1281億
海外投資家 ー1475億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。第3週目 において、個人投資家とは真逆の動きを示しました。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、34300~35600ドル辺り。

※状況によって下限ブレイクダウン注意です

原油価格、1バレル60~80ドル辺り。

恐怖指数、VIX25~45辺りが意識される。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、112.80~115.30円辺り。

約2.5円(250pips)程度のレンジを想定。

直近、115円目前となった場面で「円高」進行しました。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は下値模索の展開へ向かっています。

いよいよ回復期に向けて進むマーケットでしたが、オミクロン株感染者確認によって急落していきました。その背景には、海外投資家による「売り」圧力が原因という事なのでしょう。

基本的に、日本市場のメインメーカーは海外投資家になります。彼らが、本格的に参加することになれば、価格は素直に反応して動き出します。今回、短期的な目線で見れば下落しています。

しかし、中期的な目線で見れば上昇トレンドは継続しています。つまり、どこかのタイミングで価格がストップすれば、年末に向けて緩やかに上昇回復することも可能という事なのでしょう。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村