日経平均株価と日経225先物の価格的な連動性を考える

昨日、日経平均株価の終値・29499円。

25日移動平均線・29353円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・07月 4926億-2474億
2021年・08月-1907億-1393億
2021年・09月-5891億-1401億
2021年・10月  1159億 6937億
11月・第1週目ー3386億 1453億
11月・第2週目 ー541億 ー372億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

28950~30250円辺り。

個人投資家と海外投資家の動向。

11月・第2週目。

個人投資家 ー541億
海外投資家 ー372億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。珍しく、 第2週目 において、個人投資家と価格の方向性が一致する時期になりました。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、35100~36500ドル辺り。

原油価格、1バレル70~85ドル辺り。

恐怖指数、VIX15~30辺りが意識される。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、112.30~114.80円辺り。

約2.5円(250pips)程度のレンジを想定。

直近、115円目前となった場面で「円高」進行しました。

本日、早朝の相場観

さて、日経225先物の価格は日経平均株価と連動しています。まず違いとしては、225銘柄の配当金・配当利回りなど加算されていないことです。なので、決算ピーク「3月・9月」辺りになると、日経平均株価との価格差が、100円~150円程度広がることがあります。

ただし、その価格差は数日程度かければ埋まります。とにかく、日経225先物の投資は、利益を追求できるようになると面白いマーケットです。そして確固たるトレード戦略が完成すると、半永久的に収益を積み重ねることが出来るような相場でもあります。

要するに、特徴的なパターンと「相場の癖」を理解することです。これができるようになると、収益は向上します。まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村