日経平均株価の主軸銘柄は堅調に推移しています

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・29688円。

25日移動平均線・29196円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・07月 4926億-2474億
2021年・08月-1907億-1393億
2021年・09月-5891億-1401億
2021年・10月  1159億 6937億
11月・第1週目ー3386億 1453億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

28900~30400円辺り。

今週、休場はありません。

個人投資家と海外投資家の動向。

11月・第1週目。

個人投資家  -3386億
海外投資家  1453億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、35100~36600ドル辺り。

主要指数は、最高値を迎えて利益確定売りが発生しています。

原油価格、1バレル70~90ドル辺り。

恐怖指数、VIX15~30辺りが意識される。

為替ドル円のレンジ予想。

112.40~114.40円・レンジブレイク達成中。

114円台後半は2017年3月以来なので4年8か月ぶりです。

今後、115円、116円台が射程圏内になりました。

本日、早朝の相場観

現状、日経平均株価における主力銘柄は堅調に推移しています。あとは、主力以外の銘柄に対して海外投資家が注目してくれると、株価は上昇していくという事なのでしょう

まず、セクター別に分けると

・買い銘柄「電気、自動車、商社」など。

・中立的「医薬品、化学、小売業、食品」など。

・売り銘柄「建設、銀行、保険、不動産、証券、通信、鉄道」など。

ここから、日経平均株価は30000円~31000円ゾーンを目指すには、海外投資家による新規買い待ちになります。もしも、ここから一部の主力銘柄のみ買われて、人気のない銘柄が売られ続けた場合。ふたたび、相場は「持ち合いレンジ」のまま中途半端になってしまいます。

ただし、全体的な相場を考えると「買い」優勢であることは間違いありません。あとは、時間軸と新規買いのタイミングが合えば、上手に利益を追求できる場面となっております。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村