日本市場は11月中旬~下旬に向けた相場が始まります

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週の金曜日、日経平均株価の終値・29609円。

25日移動平均線・29017円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家海外投資家
2021年・07月 4926億-2474億
2021年・08月-1907億-1393億
2021年・09月-5891億-1401億
2021年・10月  1159億 6937億
11月・第1週目ー3386億 1453億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

28900~30400円辺り。

今週、休場はありません。

個人投資家と海外投資家の動向。

11月・第1週目。

個人投資家  -3386億
海外投資家  1453億

ちなみに、投資家別の売買動向。今後、価格の方向性を把握するための材料になります。特に、海外投資家の動きには注目しています。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、35100~36600ドル辺り。

主要指数は、最高値を迎えて利益確定売りが発生しています。

原油価格、1バレル70~90ドル辺り。

恐怖指数、VIX15~30辺りが意識される。

為替ドル円のレンジ予想。

今週、112.40~114.40円辺り。

約2.0円(200pips)程度のレンジを想定。

本日、早朝の相場観

さて、日本市場は11月中旬~下旬に向けた相場が始まります。早いもので、11月相場は中旬を迎えます。そして、下旬に向けた相場観を組み立てなければなりません。

今後、日経平均株価の行方を想定した場合。

・当面30000円辺りのラインをゆっくり超えていくのか。

・当面29000円辺りのラインをあっさり割れていくのか。

2つの選択肢を考えて価格の方向性を絞り込めばよいでしょう。果たして、どちらの方向へ進むことが優位性なのか。まずは現状、日本市場の主力銘柄は高値圏まで上昇しています。

そして、米国市場、為替ドル円など短期的に利益確定売りの場面で下落していますが、中期的には堅調に推移しています。そう考えると、買い絞って相場を観測したほうが、相場の見方としては楽であるという事なのでしょう。

もし、短期的な下落の局面が起こったら、素直に買いストップすればよい。そんなに怖くない相場となっています。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村