【日本市場の回復時期】日経225mini先物の相場観

日経225先物の相場観です。

1週間、「寄付・高値・安値・終値」の
価格の動向から確認していきましょう。

始値高値安値終値値幅
 29150 29495 28415 28690 1080

まず、先週の相場において、前半は29000円辺りから29500円辺りまで上昇する場面が見られました。しかし、後半になると利益確定売りが発生して、一気に28500円辺りまで下落する場面が見られました。つまり、数日間でおよそ1000円程度の値幅が出現したことになります。

ただし、その間において米国市場と為替市場は堅調に推移していました。

要するに、日本市場だけ海外投資家による仕掛けが行われたという事なのでしょう。

このように節目29000円を中心とした上昇&下落のパターン。

個人投資家にとって難局を示す相場に巻き込まれてしまったという事なのでしょう。

こういうチャートでは高確率で含み損が増えるパターンとなります。

ただし、このまま何もなければ回復していくという事なのでしょう。

今週 日経225ミニ先物レンジ予想

今週のレンジ予想として、

28000~29300円辺り。

今週、重要な指標は特にありません。

個人投資家と海外投資家の動向。

10月・第2週目。

個人投資家  -1605億
海外投資家  4788億

ちなみに、投資家別の売買動向。

今後、価格の方向性を把握するための材料になります。

特に、海外投資家の動きには注目しています。

米国市場はどうなっていくのか

米国、主要指数のレンジ予想。

NYダウ平均株価、35000~35700ドル・上限未知数。

原油価格、1バレル70~90ドル辺り。

恐怖指数、VIX15~30辺りが意識される。

米国市場、この1年間で30000ドル→35000ドルまで上昇しています。

そして、多くのハイテク関連銘柄が買われて上昇していきました。

今後も、このような上昇トレンドは継続していくという事なのでしょう。

為替市場はどうなっていくのか

為替ドル円のレンジ予想。

今週、112.10~114.60円辺り。

約2.5円(250pips)程度のレンジを想定。

為替ドル円、約3年ぶりとなる114円台達成です。もしも115円台まで突入すれば5年ぶりとなります。とにかく、円安進行は継続していくという事なのでしょう。

日本市場の動向を更新します

明日、ブログにて更新していきます。