日経平均株価は25日移動平均線辺りまで調整している

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・29452円。

25日移動平均線・29474円辺り。

※投資家別動向「買い越し・売り越し」金額。

個人投資家 海外投資家
2021年・04月 6947億 4056億
2021年・05月 -1593億 -593億
2021年・06月 4894億 -4114億
2021年・07月 4926億 -2474億
2021年・08月 -1907億 -1393億
09月・第1週目 -4917億 3669億
09月・第2週目 -5805億 3010億

日経225先物の観測

今週のレンジ予想として、

29400~30600円辺り。

個人投資家と海外投資家の動向。

09月・第2週目。

個人投資家
5805億円「売り越し」。

海外投資家
3010億円「買い越し」。

再び、個人投資家と海外投資家のポジション方向が真逆となっております。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

ダウ平均株価、33500~35500ドル辺り。

米国、3つの主要指数は高値更新を継続中です。

為替ドル円、109.00~111.50円辺り。

当面、中期的な目線で考えても円安進行しています。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は25日移動平均線辺りまで調整しています。これで、乖離率は1%未満となりました。なので、良い価格の調整時期を迎えたことになります。

あとは、米国市場が調整時期に入っているので自律反発待ちとなります。為替ドル円は112円台タッチしたことによって、さらに円安進行していくという事なのでしょう。

ここから、日本市場は押し目買いチャンスです。基本的に29200円~29500円ゾーンは買いチャンスとなります。ただし、一気に急落して29000円を割れてしまうと、ふたたびシナリオを組み立てなければなりません。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村