もしも専業トレーダーになれれば理想的でもある

まず何かお仕事に従事しながら、指数先物の投資をしている方は、副業としてトレードしているわけです。あまり時間的な余裕などなく、フルタイムで投資を監視をする事ができない状態ですね。

もっと投資の時間を費やす事ができれば、様々な検証や研究もする事ができるし、ずっとチャートを眺めている事ができれば、チャンスを逃すことはないのではないか?と思う事もあるでしょう。

いろいろと社会的な規範や、その他の時間に拘束されてしまうと、どうしても専業トレーダーとしての憧れを持つことはあるでしょう。

ちなみに、トレードを専門にするということは、投資の世界だけで収益を向上させて生活する事を指しています。そして、時間的な余裕もあるので、毎日を投資の時間に割り当てる事ができるという事です。このような生活ができれば、どんなに理想的でしょうか?

でも実際は、そのようなスタイルを確立することは難しいかもしれません。なぜなら、投資の世界において、約90%のトレーダーが1年以内に退場させられるという、とても厳しい世界だからです。

専業として指数先物をトレードするメリット・デメリット

もしも専業トレーダーとして1本化した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

・時間的な余裕を持つことができる
・好きな曜日を選んで休むことができる
・何にも拘束されることがなくなる
・ストレスの度合いを調整できる
・成功する事ができれば社会人時代の年収を超えることができる

とにかく、自由きままに生活を送る事ができるというわけであります。さらに、収益を向上させて、生活することができれば、もう何も言うことはありません。

それでは、デメリットになる部分はどうでしょうか?

・人によっては時間が余り過ぎてしまうかもしれない
・毎日休むことも可能なのでメリハリがなくなる
・社会的コミュニティーからの疎外感を感じるようになる
・別のカテゴリーでストレスが発生する場合がある
・成功する事ができなければ自己資金がどんどん底を尽きていく

自分自身の価値観や行動規範にもよりますが、専業トレードになると、とにかく時間が余るかも知れません。同じ年代の方は、バリバリとお仕事しているので、自分だけ孤立しているような疎外感を感じるようになるかもしれません。

副業のまま指数先物をトレードする

厳しいことも言うようですが、もしもトレーダーとして成功させたいのであれば、専業トレーダーにならない限りは、難しいかもしれません。

しかし、スイングトレードの方法を取り入れて戦略を計画すれば、何かビジネスに従事していても問題はないかもしれません。ただしそのためには、それなりの「投資の売買手法」や「規律あるトレード」などを確立しなければなりません。

なによりもまず、1日中、投資の時間が増えるようになると、余計なトレードを仕掛けてしまったりすることもあります。かつ、考える時間が増えることによって試行錯誤し過ぎてしまい、スタイルが歪んでしまうケースもあるわけです。

収益が向上するのであればどちらでもかまわない

結果的に、お金を儲ける事ができればどのようなスタイルであっても、構わないという事です。そして、自分に合ったリズムで生活することが理想的であります。

仕事をしながら忙しい生活をしている方が好きな方だっているはずです。孤独であっても、1人で黙々とパソコンに向き合ってトレードするのが向いている方もいるわけです。

まず自分自身の生活スタイルにおいて、優先順位を決めておきましょう。その中でトレードするスタイルは、あなたにとって、何番目に優先されているのでしょうか?

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。