焦ることなくチャンスの場面が来るまで待てばよい

焦ってトレードする必要はなく、チャンスの場面が来るまで待てばよい。それは冷静になって考えると、理解できることです。しかし、焦ってしまえば、状況の判断を間違えてしまう事だってあります。

そういう時は、待つことで相場のチャンスを見つけ出す。これに尽きます。

実際に相場のマーケットは、明日になってもオープンしています。この先、未来の時間においても、問題なくオープンしているという事です。目先の利益を追求してしまうと、先が読めなくなってしまうという事です。

【日経225先物の戦略・その6】焦ることなくチャンスの場面が来るまで待てばよい

【日経225先物の戦略・その6】

焦ることなくチャンスの場面が来るまで待てばよい

日経225先物の相場というのは、

常に価格は変動しています。

しかし、同じ方向性に向かって

進み続けるという事はありません。

要するに上昇し続ける相場はない。

逆に、下落し続ける相場もない。

価格は、どこかの場面でストップします。

そして持ち合い相場へ突入することが多いのです。

このような持ち合いレンジの相場の時って、

一見すると、利益を追求しやすい場面に見えます。

しかし、いざ相場に参加すると

逆張りの動きを見せることが多いので

順張り目線でスイングトレードすると

損失になってしまう事が多いです。

ただし、そこで諦めてしまうと

個人投資家とは言えません。

同じことを繰り返したとしても、

同じ場面で変わらず新規エントリーすることも大切です。

1度目は損切りしただけで滅入ってしまうとか。

そして、2度目のトライは抵抗感を持ってしまいます。

そうなると、

滅多にないエントリーチャンスを見逃してしまうかも知れません。

逆に、

海外投資家は、どうなのでしょうか。

恐らく、高速AI取引を活用しているのですが、

何度か連続して「損失」になったとしても、

チャンスの場面があれば何度もエントリーしているはずです。

そうやって「収益」を積み重ねているのでしょう。

それは、海外投資家の動向を見れば

一目瞭然なのかもしれません。

つまり、コツコツ損失になっても、

ドッカンと収益を回収するテクニックを知っている。

とにかく、

滅多にないチャンスを同じメンタルで何度もトライする。

たとえ、連続して負けたとしても、

1回毎に切り替えて、

同じ熱意を持ってトレードする力が必要です。

1度の失敗を気にせず、何度も、

次のチャンスが到来するまで集中する事が大切です。

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。