まずは利食いと損切りの位置を決めておく

まず新規建玉エントリーする前から、利食いと損切りの位置を決めておかなければならない。そして、許容範囲を決めておかなければならない。そうしなければ、心理的な不安感や焦燥感に駆られてしまい、結果としてコントロールを失ってしまいます。

【日経225先物の戦略・その5】まずは利食いと損切りの位置を決めておく

【日経225先物の戦略・その5】

まずは利食いと損切りの位置を決めておく

個人投資家は、「損切り」ラインを守らなかったこと

によって損失になってしまうパターンが多いです。

つまり、大きな損失になってしまう理由として、

LCラインを守らなかったことが原因となります。

個人投資家として利益を追求していくならば、

戦略における事前の準備が必要になります。

そうしなければ、

新規エントリーを入れた後に混乱してしまいます。

予想外の値動きになった場合に、動揺してしまい

思いもよらない場面で決済してしまうとか。

そうなると、

無駄打ちが多くなって損失が膨らんでいきます。

良くある「ポジ病」パターンに陥ってしまいます。

とにかく、新規建玉エントリーする前から、

利食いと損切りの位置を決めておかなければならない。

事前に戦略を練って、許容範囲を決めるべきです。

そうしなければ、

心理的な不安感や焦燥感に駆られてしまい、

コントロールを失ってしまいます。

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。