【日経225先物の戦略・その3】自分の間違いを見つけたら素直に認めることが大切です

トレードにおいて、自分の間違いを素直に認めることが大切になります。例えば、自分の建玉の方向性が瞬間的に間違いに気づいた場面。そこから、瞬時に損切りできるかどうか。

もし、自分の間違いを認めずにホールドしてしまうと、「負のスパイラル」に陥る可能性があるので注意が必要です。

【日経225先物の戦略・その3】自分の間違いを見つけたら素直に認めることが大切です

【日経225先物の戦略・その3】

自分の間違いを見つけたら素直に認めることが大切です。

例えば、新規エントリーした場合。

自分の建玉の方向が真逆に進んで、

よく含み損になることがあります。

この時、建玉の方向性が間違ったことに気づいて、

素直に認めることが出来れば損切りできます。

しかし、この場面で

自分の計画した戦略は間違っていない。

そこでトレードに対して強い気持ちを持ってしまうと、

ほぼ高確率で自身の含み損は増えて行きます。

とにかく、こういうパターンに陥らない為に、

トレーダーとして「先入観」を捨てることが大切になります。

自分自身の判断が間違った場合、素直に修正することが出来れば

そこから、もがいたりしない。

そうすると、次回のチャンスが見つけやすくなって

何回でも、ふたたびチャレンジすることが出来ます。

もちろん、自分自身のトレードスタイルや戦略とか

セオリーとか貫き通すことは大切です。

ただし、その考え方は時と場合によります。

すぐに、損切りしなければならない場面で

自分の理屈だけを押し通してしまうと

それは相場の流れに逆らう事になります。

とにかく、自分の間違いを素直に認めることが大切です。

しかし、自分の信念やトレードスタイルは

押し通さなければならない。

このバランスが必要になります。

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。