【日経225先物の戦略・その2】テクニカル分析はシンプルなものを使用する

テクニカル分析はシンプルなものを使用するべきです。投資の初心者の場合。新規エントリーする前に、多くのテクニカル分析にかけて「確実性」を高めようとします。

果たして、たくさんの分析によって、どれだけの効果があるのか。最終的には、価格を分析する為に必要な2つのカテゴリー。それは「ローソク足」と「出来高ボリューム」だけで充分です。

【日経225先物の戦略・その2】 テクニカル分析はシンプルなものを使用する

【日経225先物の戦略・その2】 テクニカル分析はシンプルなものを使用する

まず、個人投資家がトレードを始めたころ。

あれこれ色々とテクニカル分析を試したくなります。

例えば、チャートにラインを引いて売買シグナルを見つけたり

テクニカルサインを発見するために検証したりします。

現在、証券口座を開設すればテクニカル分析は使えます。

プロ専用としても引けを取らないテクニカルツールが揃っています。

その中から、テクニカル分析は何を使用すればよいのか。

これは、順張りなのか逆張りなのか。

とか、分析する角度や時間軸によって

使用するツールは異なると思います。

ただし、テクニカル分析を使用するための注意点。

それは、シンプルな分析を使用すること。

ある程度、スキルが向上するようになると、

たくさんテクニカル分析したとしても

直接的な「収益」に繋がるわけではないことに気づきます。

テクニカル分析というのは、

あくまでも「安心材料」として確保するだけに過ぎません。

その分析によって、価格を正確に当てられるわけではないという事です。

基本的に、価格を分析する為に必要な2つの要素。

それは「ローソク足」と「出来高ボリューム」。

正直、この2つだけで分析は充分だと思います。

ただし、この2つだけで価格の方向性を捉えることが

とても難しい。さらに、経験が必要になってくる。

だから、補足としてテクニカル分析を使用する。

という事です。

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。