戦略「デイトレ・スイング・ロングトレード」など決めておく

日経225先物マーケットに参加するとき、

自分自身のトレードスタイルは何か。

つまり、

・デイトレード

・スイングトレード

・ロングトレード

いづれにしても、トレードの時間軸を決めておかなければなりません。

もし、スイングトレードを考えている場合。

損切りラインも重要ですが、とくに時間軸の設定が大切であるという事です。

デイトレードならば、各セッションごとで手仕舞いすることになり、建玉を持ち越す事はありません。小さく利食いして、コツコツと利益を積み重ねることに重点を置くからです。

・東京セッションでエントリーしたら、東京セッションで手仕舞いする
・欧州・米国セッションでエントリーしたら、欧州・米国セッションで手仕舞いする

しかし、スイングトレードならば、ある程度の時間をホールドするという意識が必要です。そのため、各セッション毎の区切りでギャップアップ・ダウンが起こるかもしれないという事を、想定しておかなければなりません。

だから、損切りラインに関しても、多少は寛容的にならなければすぐに切らされてしまいます。それよりも、どれだけ新規建玉を持っていられるのか?という忍耐力の部分に注意を払わなければなりません。

各トレードによってメリット・デメリットはある

それぞれ、メリットやデメリット部分はあります。

なので相場状況が、これからどのように変動していくのかによって、スタイルを決めればよいでしょう。

今日はデイトレだったけれども、明日の状況によっては、スイングトレードに変更するかもしれないというのは構いません。

問題なのは、新規建玉を建てた後に、トレードスタイルを変更してはならないという事です。

たとえば、最初はデイトレスタイルでエントリーしたのにもかかわらず、あっという間に、価格が損切りラインに到達して躊躇してしまい、都合の良いように変更してしまうとか。

つまり時間軸を、デイトレード→スイングトレードに変更するパターンです。

損切りするという、一瞬の痛みを受け入れる事ができずに、迷いが生じでしまったのでしょう。

もしも、この作業が習慣的になってしまうと、トレーダーとしては致命的です。

都合良い状態へ持っていこうとする行為は、損失を後回しにしているだけです。

スイングトレード編・利食いライン&損切りライン

指数先物の投資をするならば、流動性がある場面ではデイトレでも良いのですが、中期的に考えているのであれば、スイングトレードが最適であることをお伝えしました。

その時に、エントリーする前から、利食いライン&損切りラインを決めておかなければなりません。それぞれの価格はいくらにすればよいのかは、自分自身で決めればよいのです。

当然のことではありますが、妥協した価格に設定してしまうと、あとで変更したくなってしまうので、最終的に自身が納得する価格でなければなりません。

そして、デイトレードと違うために、設定幅も寛容的でなければなりません。たとえば、損切りラインを浅めに設定してしまうと、簡単に切らされてしまいます。

最近の流動的な相場からすれば、多少の価格の変動は単なるブレの範囲である。そう考えて、心つもりを持って、投資に臨まなければならないという事なのでしょう。

日経225先物の投資の心理 投資を分析するためのテクニック!無料メール講座。

日経225先物の投資において、

損切り貧乏になっている

資産運用が上手くいかない

デイトレード思考に陥っている

まず、トレード戦略を改善してみてください!

「日経225先物の投資の心理」をテーマにした無料メール講座を公開します。

まず、投資の世界は甘いものではありません。

でも、ある程度の経験を持ち合わせるようになると、「相場の癖」が理解できるようになる。そうなると、収益は右肩上がりに積み重なります。

個人投資家の9割たちは、1年以内にマーケットから撤退させられてしまう。

そうなる前に、読んでみてください!

無料メール講座はいつでも解約できます。

このメール講座を知っていただければ、今後の投資戦略にお役立てできるでしょう。

1年間で投資資金100万円から利益率30%~100%収益を目指す!!

無料メール講座では、以下の内容を送信しています。

・3つのトライアングル基本編・動画30分

・的確なロスカット損切り編・動画25分

・テクニカル分析の選択肢

・海外投資家の仕掛けとは?

・とにかく損切りの重要性

・移動平均線

・ボリンジャーバンド

・教科書通りのセオリー

・独自のトレード戦略とは?

もちろん、すべて無料メールです。

伝えたい内容などあった場合、号外として新しい情報なども提供します。