マーケットに参加する場合に心がける行為とは

まずマーケットに参加する場合に、心がけなければならないことがあります。

それは、自分自身がどのような性格なのか?しっかりと、「自己分析」が出来ているのか。

ちなみに、いったい自分自身は、明るい性格なのか?暗いのか?。性格が良いのか?悪いのか?といった、社会的な関係に大切な性格を、判断しようと言っているのではありません。

必要なのは「自己分析」です。

・相場のルールや規律を厳守できる性格なのか

・金銭に対して、どれくらいの欲望を持っているのか

・マーケットで儲けるために必要な「要素」を持っているか

もしも、最初から備わっているのであれば、すぐにでも稼げる人になれるでしょう。

しかし、個人投資家はマーケットで苦戦しているのが現状です。

というよりも、その立場にいることが普通の出来事なので、なにも問題ありません。

重要なのは、マーケットに自分自身の行動を、しっかりとマッチングさせているか?ということです。

つねにマーケットに合わせる努力をする

価格というのは、つねに不確実性な動きをします。

上昇すると予想すれば下落していく。下落すると予想すれば上昇していく。静まり返って停滞していると思えば、一気に加速していくなど。

結果的にチャートを見ると、過去にどうなったのかを分析する事は出来ます。しかし、われわれ投資家は、つねにチャートの右端に立って、価格を予想しなければならないのです。

そんな想像がつかない値動きと、お付き合いしなければならないということです。これは、225先物に参加する以上、これからもずっと継続しなければなりません。

もしも、自分本位にトレードてしまうと、早急に、マーケットの対応方法を変更しなければならないでしょう。

ここでは、マーケットが主役となります。

そして、マーケットの気分と状況次第で価格が変動する。

つねに後手後手に回って、マーケットの変動に対して、自分自身の動きを変更していかなければならないということです。これは時間軸に関しても同じことが言えるでしょう。

感情的になるのは仕方がないことである

マーケットに参加していれば、誰であっても感情的になるのは当然であります。なぜなら、お金をかけているわけでありますし、果たして自分の戦略が、合っているのかどうか考えるからです。

プロのディーラーであっても、時々は感情的になる事だってあるでしょう。なので、人間の本来からなる感情を、排除しようとすることは不可能に近いかもしれません。

だから、自分自身の感情を上手くコントロールすることができなければ、マーケットで不安に陥ってしまった場合、どうしても専門家の意見を尊重したくなるモノです。

マーケットの専門家というのは、証券アナリストや経済ストラテジストの方を指しています。彼らは分析のプロでありますから、豊富な知識を持っているので説得力があります。

しかし、彼らはマーケットの主役ではありません。そもそも、市場に参加して売買しているわけではありませんから、肝心な感情的な事までは専門外ということになります。

改めて自分自身を考えてみる

多くの投資家は、指数先物に関して、さまざまな検証や研究を真剣に重ねているでしょう。空いた時間があれば、チャートやテクニカル指標を使って、理想の売買手法があるのかを求めるはずです。

それと同じくらいに、自分自身がどういう性格であるのかを知る必要があります。新規建玉を建てる時や、利食いライン、損切りラインなどの執行はすべて自分自身にあります。

マーケットに関する行動は、すべて自分自身で責任を取らなければならないのです。あいまいな判断をしていては、いつまで経っても、トレードは上手くなりません。

2021年度 LINE@公式メールマガジン始めました。登録方法は2パターンあります。

①現在、スマホで閲覧の方。以下のボタンから登録可能です↓↓

友だち追加

②現在、PCで閲覧の方。自分のLINEを開いてQRコード読み取り下さい↓↓


LINE公式メールマガジンの内容

日経225先物の投資における

・「基本編」 25分動画

・「損切り編」30分動画。

合計55分、「動画解説付き」で提供いたします。普段、無料ブログで公開していない部分など限定動画を提供しております。

日経225先物の戦略「基本編」編

2021年度版・日経225先物の戦略「基本編」。およそ25分動画を収録しました。とにかく、日経225先物の投資において、「基本的」な重要性を動画解説しております。

特に、3つのトライアングル手法。是非とも、これをマスターしてほしい。

日経225先物の戦略「損切り」編

こちら、日経225先物の戦略「損切り編」。およそ30分動画を収録しました。とにかく、日経225先物の投資において、「損切り」の重要性を解説しております。

個人投資家において、もっとも損失になってしまうケースが「損切り」を躊躇すること。一体、なぜ躊躇してしまうのでしょうか。さらに、3つの関係について動画解説しております。

①現在、スマホで閲覧の方。以下のボタンから登録可能です↓↓

友だち追加

②現在、PCで閲覧の方。自分のLINEを開いてQRコード読み取り下さい↓↓