今週・26日(月)~30日(金)までの相場観をまとめました

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、26日(月)~30日(金)。

29日(木)は祝日になります。

レンジ予想、28800円~29800円辺り。

今週は、28800-29000-29250-29350-29500-29800円辺り。

日本市場において、27日(火)・日銀金融政策決定会合の発表が控えています。基本的に政策金利において「現状維持」が予想されています。注目しているのは、今後の政策内容における変更点になります。

前回、年間12兆円ETF買い⇒TOPIX連動型へシフトすることを発表しました。そこで、日経平均株価の上昇変動がストップして、当面30000円を超えた辺りから折り返しとなりました。

ただし、時間の経過とともに海外投資家が「買い越し」を検討すれば、日経平均株価はふたたび、30000円を回復することが出来るという事なのでしょう。

あと、3度目の緊急事態宣言が発令されました。これに関して、株価に与える影響は限定的であると考えています。むしろ、悪材料が出尽くしと判断されれば、株価はV字回復上昇するきっかけになります。

そのことよりも、日本市場において新型コロナワクチン接種の提供が遅れていることが悪材料となっています。海外投資家にとって、日本市場は「後手回り」と判断されているのでしょう。

今後、日経平均株価は30000円まで自律反発することは可能になります。その後、31000円、32000円まで上昇する為には、やはり本格的な海外投資家による「新規買い圧力」が必要になるという事なのでしょう。

個人投資家と海外投資家の動向

基本的に、マーケットメーカーの主体は海外投資家です。彼らの動向を探れば、中期的なトレンドがどちらの方向へ進んでいるのか理解することが出来ます。

現状、昨年の11月より「買い越し」は継続しています。つまり、相場は上昇トレンドが継続していることになります。その中に、短期的な下落の局面が発生しているだけという事です。

個人投資家 海外投資家
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
2021年・03月 -3026億 4080億
4月・第1週目 1231億 4355億
4月・第2週目 295億 -311億

米国市場はどうなっていくのでしょう

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価、33400ドル~34400ドル辺り。

ナスダック総合指数、14000ポイント・上限未知数。

S&P500株価指数、4150ポイント・上限未知数。

原油価格は、1バレル50~75ドル辺り。

恐怖指数は、VIX15~30辺りが意識される。

米国市場、3つの主要な指数において史上最高値更新中となります。

29日(木)・AM03:00に米FOMC政策金利の発表が控えています。

基本的に金利「据え置き」が予想されています。このまま、何もなければ通過するので、米国市場にとって「追い風」になるという事なのでしょう。

為替市場はどうなっていくのか

FX取引、為替ドル円のレンジ予想です。

今週、106円80銭~109円80銭辺り。

およそ、3円(300pips)程度のレンジを想定しています。

為替ドル円は、1年間にて110円⇒102円⇒110円までV字回復することが出来ました。今のところ、110円台まで突入したところで達成感が見られています。なので、ここから時間をかけて調整時期に入るという事なのでしょう。

今週の動画

今週の動向をまとめましたのでご覧ください。

26日(月)~30日(金)日経225先物ミニ 今週の相場観

メールマガジン【全7話】無料配信+【25分+30分・動画解説】付き

2021年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。3つのトライアングル基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2021年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村