日経平均株価は下値模索の展開を警戒しなければならない

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・29100円。

25日移動平均線は29506円になります。

※投資家別売買動向「買い越し・売り越し」。

個人投資家 海外投資家
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
2021年・03月 -3026億 4080億
4月・第1週目 1231億 4355億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、19日(月)~23日(金)。

※当面サポート支持線を割れたので修正します。

レンジ予想、28300円~29400円辺り。

今週は、28300-28600-28850-28950-29100-29300円辺り。

当面、29500円~30000円レンジ内より、サポート支持線「29500円」割れました。

これで、短期的な下落の局面に発展するという事になります。つまり、30000円を回復するためには、もう少し時間の経過が必要になったという事になります。

今回、日本市場において3度目の緊急事態宣言を検討しているようです。

現状、日本市場において新型コロナワクチン接種の提供が遅れております。そこで、海外投資家にとって、日本政策における「後手回り」と判断された場合。

海外投資家は、いままで「買い越し」で積み重ねてきた部分を、タイミングよく利益確定売りに奔走する可能性が高いです。そうなると、下落の局面に歯止めが効かなくなります。

あとは、どの辺りまで下落していくのか。相場を注意深く観測する必要があるでしょう。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

04月・第1週目。個人投資家は1231億円「買い越し」。一方、海外投資家は4355億円「買い越し」。この当時、価格の調整時期となって値動きが乏しい相場でした。なので、「買い」検討したとしても、「売り」検討したとしても儲からないような相場だったという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価は、34000ドル達成です。追加経済対策の期待、新型コロナワクチンの提供など。とにかく、米国における経済効果を上手に循環させて「好景気」となっております。

ただし、高値圏になれば利益確定売りが発生します。なので、いったん高値圏にて、マーケットは調整局面となる可能性が高いという事なのでしょう。

為替ドル円、107円30銭~110円30銭辺り。

当面、110円台を達成したことで一服停滞しております。2021年度において、01月・102円台後半⇒04月前半・110円台まで「円安」進行しました。わずか、3か月程度で7円以上「円安」進行したことになります。

ここまで「円安」進行すれば、一時的に調整局面に入ってもおかしくないような相場になります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は下値模索の展開を警戒しなければなりません。当面25MA・29506円割れとなりました。今後のサポート支持線は28300円辺りでしょうか。前回、終値ベース・28308円(03/05)辺りになります。

このラインを下値抜けてしまうと、「売り」圧力になってしまい28000円割れを警戒しなければなりません。ちなみに、短期的な下落の局面に発展に発展した場合。基本的に、テクニカル分析が通用しなくなる時期なので、新規建玉をホールドする場合は注意が必要です。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村