日経平均株価は25日移動平均線割れを警戒しなければならない

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・29685円。

25日移動平均線は29539円になります。

※投資家別売買動向「買い越し・売り越し」。

個人投資家 海外投資家
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
2021年・03月 -3026億 4080億
4月・第1週目 1231億 4355億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、19日(月)~23日(金)。

レンジ予想、29500円~30700円辺り。

今週は、29500-29750-29950-30150-30450-30500円辺り。

4月中旬~月末に向けた相場が始まります。特に、ネガティブな材料があるわけでもないので下落の局面は限定的です。何かのきっかけさえあれば、上昇の局面チャンスが到来するかもしれません。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

04月・第1週目。個人投資家は1231億円「買い越し」。一方、海外投資家は4355億円「買い越し」。この当時、価格の調整時期となって値動きが乏しい相場でした。なので、「買い」検討したとしても、「売り」検討したとしても儲からないような相場だったという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価は、34000ドル達成です。追加経済対策の期待、新型コロナワクチンの提供など。とにかく、経済効果を上手に循環させて「好景気」となっているのでしょう。

為替ドル円、107円30銭~110円30銭辺り。

当面、110円台を達成したことによる一服停滞となっています。2021年・01月は102円台後半⇒04月は110円台まで「円安」進行しました。わずか、3か月程度で7円以上「円安」進行したことになります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は25日移動平均線割れを警戒しなければなりません。現在、25MAは29539円辺りになります。このラインを割れると何が起こるのか。まず、海外投資家は、短期的な「仕掛け売り」が発生しやすい場面になります。

夜間・日経225先物の価格において29500円割れる場面が見られました。ちなみに、29500円割れは4月初旬以来になります。現状、米国市場が堅調に推移しても、日本市場が主導で上昇しなけば30000円を回復する事は出来ないという事なのでしょう。

今週において、かなり慎重に相場を観測する予定です。

まず、午前中のザラ場から相場を観測する事にしましょう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村