新規建玉を建てる時「買い」・「売り」選択肢なのに何故こんなに難しいのか

新規建玉を建てる時には、「買い」なのか「売り」なのかどちらかの選択肢しかありません。決済方法もその逆のパターンしかないわけです。もしくは、「見送り」なのか。

・価格が安くなったところで押し目買い 買い建玉
・価格が高くなったところで戻り売り  売り建玉

シンプルに考えるとこんな感じなのでしょう。もしくは、レンジブレイクのパターンを追い続けるとして「順張り」をするかもしれません。

いづれにしても建玉をホールドするには「買い」と「売り」のどちらかの戦略しかないわけです。にもかかわらず日経225先物というのは、どうしてこんなにも難しいのでしょうか?

買いを考える時

買いを考えているときのパターンって、安いところを狙って押し目買いチャンスを待つパターンが多いのです。そして高い場面があれば決済して儲けようとするわけです。

「安く買って高く売る」というのは定石パターンではありますが、実際にそれだけで儲ける事ができるような簡単なモノではありません。

ほとんどの場合は、安いところで買ってさらに下落するパターンに巻き込まれてしまうのです。ということは、トレンド傾向の判断を間違えているということなのです。

もしも押し目買いで、損切りラインに追い込まれるようなことがあれば、1度決済してからトレンド傾向を見直すべきでしょう。もしかしたら新規エントリーの位置が間違っているだけかもしれません。

売りを考える時

売りを考えているときのパターンって、高いところを狙って戻り待ちチャンスを待つパターンが多いのです。そして安い場面があれば買い戻して儲けようとするわけです。

「高く売って安く買い戻す」というのも定石パターンになります。しかし、こちらに関しても簡単に儲けられるようなモノではないということですね。

ほとんどの場合は高いところで売った場合に、さらに価格が上昇してしまい踏みあげられてしまいます。つまり、トレンド傾向の判断を間違えているということなのです。

もしも、戻り売りと判断してエントリーした時に踏みあげられるようなことがあれば、一度決済して、トレンド傾向を見直していきましょう。天井を狙いすぎて焦っているだけかもしれません。

ひたすら欲張っているだけ

何度か新規エントリーしているのにもかかわらず、損切りを迫られている場合はトレンド傾向を把握していない可能性があります。そのような時に参加しても、儲ける事は出来ないでしょう。

しかし、そのことに気づかずに夢中になってトレードしてしまうパターンがあまりにも多いのです。つまり、損失を取り戻そうということだけ考えてしまい冷静さを見失っているのです。

欲望のままにトレードすると「冷静」という判断が激減して「興奮」という判断が激増します。そうすると、自分でもコントロールできないようなメンタル状態に追いやられます。

相場というのは、勝ち抜き戦のスポーツではありません。今回は負けたからといって、次回は勝つべきとする必要はありません。必死にマイナス収支を巻き返そうとしないことです。

1回のトレードで勝負か決まるために、次回に持ち越したり考えないことが理想です。欲を追い続けるとキリがありません。

ただ臆病になっているだけ

自分のシナリオ通りにいかなかった場合は「不安」という要素が増えます。

なので次回に、自分が得意とする場面が来ているのにもかかわらず、参加しないという「負の連鎖」が始まる時があります。つまり、本来のチャンスを失っている。

あまりにも慎重になり過ぎてしまっているのです。

しかし、それではいけないと思うように考えてしまい、余計な場面で新規エントリーしたりします。歯車が狂っていしまっているのです。そうすると、リズムが崩れ始めて失敗する可能性が高いのです。

そういうときは、数日間はトレードを控えてリズム調整に入ります。

マーケットは、いつでもオープンしてるし逃げたりはしません。臆病になっている状態を正常にまで戻すためには、それなりの時間が必要なのです。

メールマガジン【全7話】無料配信+【25分+30分・動画解説】付き

2021年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。3つのトライアングル基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2021年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。