日経225先物ミニ 日中チャート分析 04月14日(水)

本日、日経平均株価の終値・29620円。

日本市場において、やや軟調に推移していきました。

日中・日経225先物ミニ(6限月)時系列データを観測してみましょう。

始値 高値 安値 終値 日中値幅
29770 29780 29565 29615 215円

午前中の序盤において、当面30000円を超えることなく失速していきました。日本市場が始まってから、さらに下落していきました。ただし、当面サポートラインである29500円まで割れることはありませんでした。

つまり、日経225先物のレンジにおいても29500円~30000円の間で上下を繰り返している。先週から、価格の方向感が乏しいレンジが継続しています。

現状、29500円近辺で「買い」検討して30000円以下で「売り」検討すれば利益が発生する。つまり、デイトレード戦略を採用している方は利益を取れているという事なのでしょう。

ただし、時間が経過すれば、必ずどちらかの方向へ進みます。そうなると、やはりスイングトレード戦略を採用している方が、長期的に利益を積み重ねることが可能なのでしょう。

日経225先物 5分足CSVデータ

本日、日経225ミニ先物

Excel・CSVデータになります。

日中・5分足チャート

※画像をクリックすると拡大することが出来ます。

メールマガジン【全7話】無料配信+【25分+30分・動画解説】付き

2021年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。3つのトライアングル基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2021年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。