日経平均株価は年初来高値を意識した値動きが想定されます

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週の金曜日、日経平均株価の終値・29854円。

25日移動平均線は29339円になります。

※投資家主体別の売買動向です。

個人投資家 海外投資家
2020年・11月 -18503億 15113億
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
03月・第1週目 720億 417億
03月・第2週目 -3048億 3008億
03月・第3週目 -3186億 4088億
03月・第4週目 3069億 -3729億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、05日(月)~09日(金)。

レンジ予想、29500円~30500円辺り。

今週は、29600-29700-29850-29950-30100-30350円辺り。

当面、短期的な下落の局面が終焉を迎えました。そして下落の局面というのは限定的です。結局、全体的なマーケットが強気ならば、日本市場においても上昇局面へ回復するわけです。

要するに、短期的な下落の局面が見られたとしても、中期的には上昇の局面となる。なので、「時間軸」と「タイミング」が合っていれば、利益を積み重ねることができる相場です。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

03月・第4週目。個人投資家は3069億円「買い越し」。海外投資家は3729億円「売り越し」。この時期、短期的な下落の局面が終焉を迎えて、V字回復するような相場でした。

つまり、個人投資家は「買い越し」検討したので、「押し目買い」によって利益を追求できたという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価は33000ドル超えております。つまり、史上最高値の場面が継続することになります。とにかく、大規模「追加経済対策」や「新型コロナワクチンの確保」など。そして、政治的な政策においても順調なので、このまま上昇していく可能性が高いです。

為替ドル円、108円80銭~111円80銭辺り。

当面、中期的な節目であった110円30銭辺りまで「円安」回復しています。つまり、昨年4月頃の為替ドル円まで、結局のところV字回復したという事になります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は年初来高値を意識した値動きが想定されます。ちなみに、年初来高値・終値ベース30467円(02/16)です。そして、当面の高値は30714円になります。

4月において30467円~30714円・高値圏ゾーンが意識されます。

まず、このゾーン辺りに入ることが条件となります。そして、このゾーンで高値圏停滞する事ができれば、いよいよ日経平均株価は31000円、32000円を目指すという事なのでしょう。

ただし、上記のゾーンから外れて、ふたたび下落すると「トリプルトップ」が成立します。こうなってしまうと、再び下落の局面に発展する可能性が高いです。

そうであっても、全体的なマーケットは堅調に推移しています。そして、4月の相場を考えると、今のところは心配する必要はないのかも知れません。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

※ランキング参加中です。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村