日経平均株価は春先に向けて30000円を目指すのか観測する

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

先週の金曜日、日経平均株価の終値・29176円。

25日移動平均線は29409円になります。

※投資家主体別の売買動向です。

個人投資家 海外投資家
2020年・11月 -18503億 15113億
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
03月・第1週目 720億 417億
03月・第2週目 -3048億 3008億
03月・第3週目 -3186億 4088億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、29日(月)~02日(金)。

※29日(月)は権利付き最終日となります。

レンジ予想、28800円~29800円辺り。

今週は、28850-29000-29150-29550-29750円辺り。

当面、短期的な下落の局面が終焉を迎えております。ここから春先相場に突入する気配となります。そうなれば、当面の目標30000円を超える事が意識されることになるでしょう。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

03月・第3週目。個人投資家は3186億円「売り越し」。一方、海外投資家は4088億円「買い越し」。この時期、米FOMC・日銀の発表が通過した時点でした。そして、当面の高値圏から急落していきました。

なので、個人投資家は天井「売り」を成功させたのでしょう。ただし、すでに下落の局面は終焉を迎えています。そこで、早期にトレンド転換に気づかなければ、ふたたび天井「売り」を仕掛けてしまう。

そうなると、せっかく利益を確保できたのに、ふたたび「赤字」になってしまう。相場は、いったん歯車が狂ってしまうと修正が難しくなるとは、そういう事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価は33000ドル超えてきました。つまり、短期的な利益確定「売り」⇒V字回復しています。米国市場において、このまま順調に上昇していく可能性が高いです。

そして、いったん下落の局面からV字回復すると、中期的な上昇トレンドは継続します。なので、今まで通り「強い」米国市場へ向けて回復していくという事なのでしょう。

為替ドル円、108円30銭~110円30銭辺り。

当面、102円台前半⇒109円台後半まで「円安」進行しました。わずか1月⇒3月後半という3か月期間で、約7円50銭以上も「円安」進行しました。ここまで回復できれば、当分の間、調整期間に入る可能性があります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は春先に向けて30000円を目指すのか観測します。現状、米国市場、革製市場において堅調に推移しています。なので、このまま日本市場においても「買い」先行されれば、日経平均株価は30000円を回復することが出来るのでしょう。

あとは、31000円、32000円を目指すのか。

これは、時間の経過によって達成することは可能なのでしょう。そして、中期的な目線で考えれば「買い」絞っておいた方が、相場の見方としては「楽」になります。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

※ランキング参加中です。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村