日経平均株価は「買い戻し」のターンになってもおかしくないような相場となっている

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

昨日、日経平均株価の終値・28729円。

25日移動平均線は29451円になります。

※投資家主体別の売買動向です。

個人投資家 海外投資家
2020年・11月 -18503億 15113億
2020年・12月 -3534億 5238億
2021年・01月 3717億 4172億
2021年・02月 -3678億 3472億
03月・第1週目 720億 417億
03月・第2週目 -3048億 3008億

日経225先物の観測

日経225先物ミニの価格において、急落の場面となりました。今週だけで、およそ1000円程度下落しているわけです。そう考えると、売られすぎと判断されて、今度は「買い戻し」のターンになる可能性も考えられます。

ただし、一気に上昇していくというわけではなく、ある程度の時間をかけて、緩やかに上昇して行くのかもしれません。

そして今後、30000円を超える為には海外投資家による「買い」圧力が必要になります。上昇局面において、日銀の「買い支え」は消滅しました。ただし、価格が急落した場合のみ、日銀の「買い支え」は緊急対応します。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

03月・第2週目。個人投資家は3048億円「売り越し」。海外投資家は3008億円「買い越し」。この時期、短期的な下落の局面からV字回復する段階でした。要するに「買い」検討した場合は、正解だったという事なのでしょう。

相場は、いったん歯車が狂ってしまうと修正が難しくなります。1回のミスが「負のスパイラル」を完成させてしまう。なので、相場における「罠」を理解しなければならないという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価33000ドル超えた辺りから、利益確定「売り」が発生しています。ただし、米国市場において追加経済対策など期待されているので、このまま順調に上昇して行く可能性が高いという事なのでしょう。

しばらくの期間、高値圏辺りで調整をするという事なのでしょう。

為替ドル円、107円80銭~110円30銭辺り。

2021年度、1月・102円台前半⇒現在109円台前半まで「円安」進行することが出来ました。ここまで回復できれば、当分の間、ある程度の調整期間に入る可能性があります。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は「買い戻し」のターンになってもおかしくないような相場となっています。現状、当面の高値天井・30500円辺り→28400円まで下落する場面が見られました。わずか1週間程度で、およそ2000円下落したわけです。

ここまで下落した背景として、海外投資家による「買い越し」の分を、一斉に利益確定するための「売り」が発生したという事なのでしょう。そう考えると、本格的な下落というわけではないという事です。つまり、下落の局面というのは「一時的」であると予想されます。

問題なのは、どの辺りまで下落していくのか。投資家の希望的観測からすれば、そろそろ、価格がストップするのではないか。そのように考えてみたくなるものです。とにかく、あまり悲観的に捉えることなく、時間の経過とともに相場は戻っていく。

そのように考えたほうが、相場の見方としては「楽」であるという事なのでしょう。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

※ランキング参加中です。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村