新規28335円「買い」建玉は、「+345円」決済しました

本日、新規28335円「買い」エントリーしました。

本日、すべての「買い」建玉を決済しました。

新規28335円「買い」建玉は、「+345円」決済しました。

新規「買い」建玉の添付メール

※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

本日、

日経225先物の寄り付き価格・28350円で取引開始。

日経平均株価の寄り付き価格・28457円で取引開始。

序盤において、まず相場の様子を観測しました。

そして、安値圏であることも理解していました。

さらに、28000円を割れることも警戒していました。

中盤になって、価格が28300円を割れていきました。

しかし、そこから自律反発上昇している様子が伺えました。

この位置から新規ホールドすれば、時間軸を味方につけて

緩やかに上昇していく可能性が高い。

全体的な背景を考えて「押し目買い」絞り込みました。

当面、28000円~28300円ゾーンはサポート支持線と考えていました。

このゾーンプレスに入れば、

短期的な「反発買い」が見込めるのではないか。

ただし、自分の建玉は崩されて下落する可能性も考慮しました。

なので、急落するようだったらロスカット覚悟「今回28150円LC」を決めて、あとは忍耐強くホールドして、含み利益が伸びるのを待って我慢をしました。

新規28335円「買い」建玉は、「+345円」決済しました

※マネックス証券による、約定feedback通知メール添付します。

新規ホールドしてから、わずか10時間程度。

本来29000円辺りまで上昇するようであれば利益確定売りを考えていました。しかし、価格は上昇反発による弱さを感じたこと。

そして、夜間セッションの時間帯において、現状は価格が安定しているわけではない。そのように解釈したので決済しました。

今回、

・個人投資家による安値圏の失望売りによる下落が発生した
・海外投資家の安値圏押し目買いで上昇反発する場面が見られた
・28300円割れてから自律反発上昇の場面が見られた

つまり、海外投資家はポジションを「買い戻し」にシフトチェンジしたのでしょう。

当然のことながら、自分が決済した後も価格は上昇して行く可能性もあります。または、乱高下相場なので下落することも考えられます。

ただし、どこかの場面で利食いしなければ収益を積み重ねる事は出来ない。そのように相場を捉えたので、キリが良い場面で決済したという理由です。

またチャンスの場面があれば、積極的にチャレンジしていきたいと考えております。

メールマガジン【全7話】無料配信+【25分+30分・動画解説】付き

2021年版 【日経225先物投資のバイブル】・限定50分動画です。3つのトライアングル基本編。初心者のための相場感覚を身につける方法など。2021年版・新作を取り下ろしました。さて、当サイトでは、日経225先物の投資において上達するために、メールマガジン配信【無料】しております。

日経225先物の投資のおいて、百戦錬磨の必勝法は存在しないのであります。ただし、投資に対して、的確な戦略や心構えなど。チャートの右端に立った時、どのようにエントリーすれば良いのか?日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

さらに、【損切り編】・限定30分程度の動画を新たに取り下ろしました。多くの個人投資家は、損切りに関して寛容的なために、上手にロスカットできないのが現状です。

もっと上手に損切りできていれば、損失額を増やさずに済んだ。とか、相場の波に乗れずに、マイナス○○〇円に膨らんでしまったとか。損失になってしまう理由は、たくさんあります。

少しでも、損失額を減らそうと努力している方に必見です。新たに、30分動画【損切り編】取り下ろしましたので、メールマガジンへご登録して、ご覧になって見てはどうでしょうか。

日経225先物の戦略⇒メールマガジン登録はコチラです。

2021年度 LINE公式 UTAメルマガ発行

日経225先物の投資における「基本編」25分動画、「損切り編」30分動画。すべて「動画解説付き」で収録しましたので提供いたします。

当サイト、公式LINE@メールマガジンにご登録の場合。すべて動画を閲覧することが出来ます。普段、無料ブログで公開していない部分。つまり、限定動画を提供しております。

LINE公式において詳細にご説明しています。 ⇒ こちらのページ