日経平均株価は3万円台キープできるかどうか観測する

日経225先物投資のUTA「@Twitter」です。

こちら「LINE@」の登録になります。

そして「メルマガ配信」の登録になります。

昨日、日経平均株価の終値・30236円。

25日移動平均線は28987円になります。

投資家主体別の売買動向です。

個人投資家 海外投資家
11月第1週目~4週目まで -18503億 15113億
12月第1週目~5週目まで -3534億 5238億
01月第1週目 -2821億 3647億
01月第2週目 -537億 2614億
01月第3週目 1700億
-1340億
01月第4週目 4300億・過去2番目記録 -748億

日経225先物の観測

日経225先物ミニ・価格帯レンジ。

今週は、15日(月)~19日(金)。

レンジ予想、29700円~30600円辺り・上限未知数。

今週は、29750-29950-30050-30150-30250-30450円辺り。

当面、日経平均株価において30000円達成しました。ここから、中期的な上昇トレンドは継続することになります。当然、短期的に下落する局面は見られるでしょう。ただし、それは利益を確定するための「売り」に過ぎない。

その下落の局面が起こったとしても、ふたたび上昇する場面に切り替わっていきます。なので、相場の見方や方向性を見失わないことが大切です。

日本市場において、個人投資家と海外投資家の動向。

01月・第4週目。個人投資家は4300億円「買い越し」。しかし、この時期は高値圏28500円~28950円ゾーン⇒27500円辺りまで下落した時期でした。つまり、高値掴みで「買い」検討した場面だったという事になります。

一方、海外投資家は748億円「売り越し」。とにかく、海外投資家は相場の波に乗っている。

本当に、相場の動きは難しい。どんなに「買い」絞っていたとしてもタイミングが悪ければ「買い越し」が大損失になってしまったわけです。

とにかく、常識的な教科書通りのテクニカル分析が通用しない。そして毎回、個人投資家は裏目に出てしまう事が多いです。なので、相場における「罠」を理解して、トレード戦略を考えなければならないという事なのでしょう。

NYダウ平均株価と為替ドル円の観測

米国、主要指数のレンジ予想です。

NYダウ平均株価、30700ドル~31700ドル・上限未知数。

米国市場において、短期的な調整の局面が終了した可能性が高い。ふたたび上昇の局面へ向かっています。そうなれば、3つの主要指数は、史上最高値の更新が継続するでしょう。

為替ドル円は、103円30銭~106円30銭辺り。

現状、中期的な「円高」進行がストップしています。つまり、ここからトレンド転換すれば「円安」進行することも考えられます。為替市場において、重要なターニングポイントになっております。

本日、早朝の相場観

さて、日経平均株価は3万円台キープできるかどうか観測します。ちなみに、日経225種の銘柄において、連日で年初来高値を更新している銘柄が増えています。ただし、高値圏を更新する場面になれば、利益を確定するための「売り」は発生します。

今回、短期的な下落の局面において3万円台で調整を終了することが出来るのか。もしも、短期的な調整が終了すれば、再び上昇して31000円を目指すような展開になるでしょう。

もしくは、もう少し価格の調整が行われれば29000円まで下落する可能性もあります。ただし、全体的なマーケットは上昇トレンドが継続しています。特に、米国市場、為替市場において堅調に推移している。

そう考えると、日経225先物の価格においては3万円を割れた場面は、「押し目買い」チャンスが到来する可能性が高いという事なのでしょう。

まずは、午前中ザラ場の相場を観測する予定です。

※ランキング参加中です。

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村